地域情報

離島航路の旅客は半減 九州運輸局が20年度実績発表

 九州運輸局は8月26日、管内の主要離島航路(12社16航路)の昨年度輸送実績を発表。旅客は174万人で対前年度比53・3%、自動車は21・6万台で同84・9%と、いずれも統計を取り始めた2000年度以降、過去最低となった。

 博多~壱岐・対馬航路は旅客49万2232・5人(6~11歳の子ども1人は0・5人分)で対前年度比51・9%、軽自動車7万737台(同83・4%)、乗用車3万3818台(同72・8%)、バス230台(同32・4%)、トラック3万6689台(同97・5%)だった。

 同局は「上半期は新型コロナの感染拡大による移動自粛の影響で輸送実績は大きく減少した。下半期はGoToトラベルや感染状況の落ち着きで回復傾向が見られたが、1月に緊急事態宣言が発令されると再び減少し過去最低を記録した。移動自粛は現在も続いているため、21年度も引き続き厳しい状況が続いている」と分析している。

関連記事

  1. 消費者庁長官賞を受賞。「食べてほしーる。」。
  2. テレワークセンターがオープン。原の辻遺跡前に5社がサテライトオフ…
  3. 壱岐の子どもたちが大活躍。2016年十大ニュース
  4. 車イスのまま搭乗可能 壱岐空港に専用スロープ
  5. 第2次壱岐市総合計画案を答申 6基本計画と25実施計画で構成
  6. 壱岐から鎮魂の灯。ワックスボウル点灯。
  7. 災害危険箇所を調査 ―避難誘導を再確認―
  8. 芦辺中は校舎新築へ 白川市長が考え示す

おすすめ記事

  1. ジャンボサイコロ大会 柳田保育所児童も参加
  2. 昔の農機具で脱穀体験 古代米づくり収穫祭
  3. 日本最古イエネコ骨、線刻文字土器 「カラカミ遺跡の全貌展」で展示 1月9日まで 一支国博物館

歴史・自然

PAGE TOP