地域情報

離島航路の旅客は半減 九州運輸局が20年度実績発表

 九州運輸局は8月26日、管内の主要離島航路(12社16航路)の昨年度輸送実績を発表。旅客は174万人で対前年度比53・3%、自動車は21・6万台で同84・9%と、いずれも統計を取り始めた2000年度以降、過去最低となった。

 博多~壱岐・対馬航路は旅客49万2232・5人(6~11歳の子ども1人は0・5人分)で対前年度比51・9%、軽自動車7万737台(同83・4%)、乗用車3万3818台(同72・8%)、バス230台(同32・4%)、トラック3万6689台(同97・5%)だった。

 同局は「上半期は新型コロナの感染拡大による移動自粛の影響で輸送実績は大きく減少した。下半期はGoToトラベルや感染状況の落ち着きで回復傾向が見られたが、1月に緊急事態宣言が発令されると再び減少し過去最低を記録した。移動自粛は現在も続いているため、21年度も引き続き厳しい状況が続いている」と分析している。

関連記事

  1. 陸上王国・壱岐が復活!! 5種目で大会新誕生 第36回ナイター …
  2. 壱岐署、駐在所に古本回収箱 犯罪被害者週間にホンデリング活動
  3. また記録更新、68万1279円 8月子牛市場も価格高騰
  4. 「平茂晴」顕彰碑が除幕。長崎和牛支えた名種雄牛。
  5. 壱岐高校歴史学専攻の8人が奈良大創立50周年記念特別賞。全国高校…
  6. 345人が熱戦。校内百人一首大会
  7. 電子マネーカード販売店と協定 壱岐署がニセ電話詐欺対策
  8. 燃油調整金が有料加算。九州郵船8~10月期。

おすすめ記事

  1. 自治体DXの判りやすい説明を
  2. 盈科少年軟式野球クラブが準優勝 市長旗玄界灘少年野球大会
  3. 渡良SCが準優勝 第50回県少年ソフトボール大会

歴史・自然

PAGE TOP