地域情報

離島航路の旅客は半減 九州運輸局が20年度実績発表

 九州運輸局は8月26日、管内の主要離島航路(12社16航路)の昨年度輸送実績を発表。旅客は174万人で対前年度比53・3%、自動車は21・6万台で同84・9%と、いずれも統計を取り始めた2000年度以降、過去最低となった。

 博多~壱岐・対馬航路は旅客49万2232・5人(6~11歳の子ども1人は0・5人分)で対前年度比51・9%、軽自動車7万737台(同83・4%)、乗用車3万3818台(同72・8%)、バス230台(同32・4%)、トラック3万6689台(同97・5%)だった。

 同局は「上半期は新型コロナの感染拡大による移動自粛の影響で輸送実績は大きく減少した。下半期はGoToトラベルや感染状況の落ち着きで回復傾向が見られたが、1月に緊急事態宣言が発令されると再び減少し過去最低を記録した。移動自粛は現在も続いているため、21年度も引き続き厳しい状況が続いている」と分析している。

関連記事

  1. 住吉神社で園遊会
  2. 7月1日一斉に乾杯 壱岐焼酎の日
  3. 市独自で幅広い業種へ支援金。1事業者当たり20~30万円。前年同…
  4. また記録更新、68万1279円 8月子牛市場も価格高騰
  5. 筒城浜で花嫁姿撮影 香港から招致活動
  6. 過去最大398㌔クロマグロ 勝本・原田進さん(69)が漁獲
  7. 本市で県市議会議長会。JF新船建造要望など採択。
  8. 壱岐署、駐在所に古本回収箱 犯罪被害者週間にホンデリング活動

おすすめ記事

  1. 玄海町が核のゴミ文献調査受け入れ 篠原市長「到底容認できない」
  2. 個人旅行客の相談窓口を
  3. 原の辻で洪水?車出は政治の拠点? 原の辻復元建物で歴史講座

歴史・自然

PAGE TOP