政治・経済

水道基本料金8か月減免 新型コロナ地方創生臨時交付金

市は7日、市議会定例会7月会議で可決した新型コロナ対応の経済対策3事業(総額1億7188万3千円)を、同日開かれた市緊急経済対策会議で関連団体代表者らに説明した。財源は国の新型コロナウイルス感染症地方創生臨時交付金を全額充当する。

航路利用者燃料油価格変動調整金支援事業は、原油価格高騰により九州郵船のバンカーサーチャージが8、9月は4ゾーン、10月は現在のところ8ゾーンに設定されることを受け、市民生活の負担軽減を図るために3ゾーンをセーフティネットに設定し、3ゾーンを超える部分を島民限定で来年3月まで補助する。事業費は対馬市と折半する九州郵船システム改修費用も含めて6230万円。

水道基本料金の減免による市民生活支援事業は、一般家庭で1か月640円の水道基本料金を、8月請求分から来年3月請求分まで8か月間減免する措置。これには年2回検針のごみステーションなど、年1回検針の公民館、墓地なども含まれる。上水道は一般家庭の99・7%が加入しており、減免は市民に公平な支援が可能となる。対象は1万2800件で、予算は約6198万円。

観光需要喚起対策事業は、コンビニで販売する市内宿泊を対象とした「壱岐プレミアム付き宿泊券」に3360万円。団体型旅行を造成・販売する旅行会社に対しての支援に1040万円。教育旅行で来島する学生に対しバンカーサーチャージの3ゾーンを超える部分の支援に360万円を盛り込んだ。

吉田寛商工会長は「市民からは飲食店、宿泊業ばかりが支援されていると不満の声が出ていたので、公平に行き渡る水道料金減免や燃油調整金の措置はありがたい。宿泊券は外貨を稼げるので波及効果が大きい。コロナ交付金の残額も、ぜひ有効に使っていただきたい」と話した。

関連記事

  1. 「里親の指導は不当ではない」と推察 県離島留学検討委員会が最終報…
  2. いきっこ留学改善を承認 運営委員会で検証続ける 10月1日から …
  3. 等身大パネルでお出迎え 長崎市出身、長濱ねるさん
  4. 山本、鵜瀬氏に当選証書付与 国会議員、県議として連携へ 大石知事…
  5. 平均価格55万円台に回復 壱岐家畜市場12月子牛市 全国的に 回…
  6. 利用客が40万人達成 ORC長崎~壱岐線
  7. 当初予算案241億9千万円 昨年度から8・0%の大幅増
  8. 石田さん、下條さんに辞令 地域おこし協力隊

おすすめ記事

  1. 元軍の「石弾」を展示 元寇750年 県埋文センター
  2. 詐欺被害と予兆多発、注意! 県内上半期被害70件
  3. 守時タツミコンサート 「風そよぐ」など13曲を披露

歴史・自然

PAGE TOP