政治・経済

眞鍋副市長を再任 2期目、任期は4年

市議会定例会12月会議は13日に議案審議を行い、12月17日で任期を迎える眞鍋陽晃副市長(66=芦辺町箱崎諸津触)を再任する同意案に全会一致で同意した。新たな任期は18日から4年。
眞鍋副市長は壱岐商業高校卒業後、芦辺町に入庁。市合併後は建設部土木課管理用地係長、保健環境部環境衛生課長、総務部長を歴任し、2007年3月の定年退職後は県病院企業団壱岐病院顧問、市環境管理組合理事長を務め、18年10月31日に辞任した中原康壽前副市長の後を受けて、同年12月18日に副市長に就任した。
また、19日に開かれた総務文教厚生常任委員会(委員長・市山繁議員)では、市が芦辺町の個人に対して、不正に受給したとして支給済み生活保護費の一部(約223万円)などの支払いを求める訴訟費用55万3千円について審査した結果、委員の意見が分かれ、採決の結果、賛成4(植村圭司、森俊介、山川忠久、清水修各議員)、反対1(山口欽秀議員)、棄権1(音嶋正吾議員)で可決すべきものとされた。

関連記事

  1. 今季初のインフルエンザ感染者 コロナとの同時流行を懸念 県内の第…
  2. 5~7月は3ゾーンへ 九州郵船の燃油調整金
  3. 大石知事に10項目を要望 磯焼け対策のブルークレジットに協力姿勢…
  4. ATR42型2機の導入計画 総額68億円、5年度運航へ ORC後…
  5. 「これからの離島留学検討委員会」 県が関係3市とともに設置 20…
  6. 壱岐市がグランプリ受賞 脱炭素チャレンジカップ
  7. 循環型社会、マッチングアプリ… 構想続々 SDGs対話会始まる…
  8. 人面石クッキーに新味 夏季限定ミネラル5選

おすすめ記事

  1. どれだけ勉強しているかが判断材料
  2. 協力隊員に名子さん、林さん ―海の資源回復担当―
  3. 司馬遼太郎の足跡たどる 一支国博物館がバスツアー

歴史・自然

PAGE TOP