政治・経済

旧交通ビル解体工事始まる 8月末に撤去完了予定 台風の度に外壁等落下

郷ノ浦市街地の中心部に位置し、永年廃墟となっている旧・壱岐交通ビルの建物(鉄筋7階建て)の解体撤去工事が18日に始まった。8月末の解体撤去完了を目指している。同ビルは1971年に建設され、当時はホテル、ボーリング場、レストラン、バスターミナルを備えた郷ノ浦市街地を象徴するビルだったが、2006年に廃業した後は空き家となった。老朽化による外壁崩落、鉄骨落下などが相次ぎ、市議会では13年以降、10回以上も安全性確保、解体撤去などについて質問が出るなど、市政の大きな課題となっていた。撤去後の活用は白紙だが、付近住民には安どの声が広がっている。

関連記事

  1. 利用客が40万人達成 ORC長崎~壱岐線
  2. 高さ16㍍の屋上から紅白餅まき 11日に睦モクヨンビル棟上げ
  3. 「OMOYA GIN」 品評会洋酒部門で金賞
  4. 「壱州人辞典」冊子に 協力隊藤木さんらがお披露目
  5. 「イルカパーク水質に問題なし」 飼育環境などを市議に説明
  6. 今季初のインフルエンザ感染者 コロナとの同時流行を懸念 県内の第…
  7. 音嶋議員が発言撤回も物議 指定管理者に「不動産ころがし」
  8. プレミアム付き商品券 9日まで4庁舎で販売

おすすめ記事

  1. クロカン&トレイル練習会 沼津・小牧崎公園で初開催
  2. 路線バス初山線が運行休止 送る会で運転手に花束贈呈
  3. 訪日客急増の流れに乗る対策を

歴史・自然

PAGE TOP