政治・経済

旧交通ビル解体工事始まる 8月末に撤去完了予定 台風の度に外壁等落下

郷ノ浦市街地の中心部に位置し、永年廃墟となっている旧・壱岐交通ビルの建物(鉄筋7階建て)の解体撤去工事が18日に始まった。8月末の解体撤去完了を目指している。同ビルは1971年に建設され、当時はホテル、ボーリング場、レストラン、バスターミナルを備えた郷ノ浦市街地を象徴するビルだったが、2006年に廃業した後は空き家となった。老朽化による外壁崩落、鉄骨落下などが相次ぎ、市議会では13年以降、10回以上も安全性確保、解体撤去などについて質問が出るなど、市政の大きな課題となっていた。撤去後の活用は白紙だが、付近住民には安どの声が広がっている。

関連記事

  1. 本市で3度目の県市長会議 国、県への提言24件を承認 白川市長が…
  2. 日本初の無垢製材現し4階 見学会開く 睦モクヨンビル
  3. 焼酎で本県をPR 「長崎の変」壱岐の蔵酒造
  4. 収穫、木工体験も 観光農園へ準備 片山あじさい園
  5. 燃油調整金が一気に2.7倍へ 博多片道高速船1440円加算 8~…
  6. 賛成多数で可決 認定こども園補助金
  7. 第3区代表牛に「かの」号 第12回全国和牛能力共進会
  8. 雲一つない初日の出 博物館に観望客百人

おすすめ記事

  1. ジャンボサイコロ大会 柳田保育所児童も参加
  2. 昔の農機具で脱穀体験 古代米づくり収穫祭
  3. 日本最古イエネコ骨、線刻文字土器 「カラカミ遺跡の全貌展」で展示 1月9日まで 一支国博物館

歴史・自然

PAGE TOP