政治・経済

第3区代表牛に「かの」号 第12回全国和牛能力共進会

第12回全国和牛能力共進会長崎県代表牛選考会が6、7日に平戸市の平戸口中央家畜市場で開かれ、5年に1度開かれる全国大会(10月6~9日・鹿児島県霧島市)種牛の部に出場する第1区から第6区と特別区の県代表牛14頭を決定した。

本市からは5月17日に行われた壱岐地区代表牛選考会で選出された2区(若雌の1=14~17か月)2頭、3区(若雌の2=17~20か月)3頭、4区(繁殖雌牛群)4頭、6区(総合評価群)5頭の計14頭が出場。このうち3区に出場した「かの」(父・勝乃幸、母・かね、令和3年4月15日生まれ=田河・田中満治さん飼養)が県代表牛に選出され、全国大会出場を決めた。

肉牛の部の代表牛7頭は、現在各地で巡回調査で選抜・選定が行われており、9月末までに決定される。

関連記事

  1. 県議補選は一騎討ちへ 説明会に2陣営出席
  2. 新型機到着、7月から運航開始へ ORC導入のATR42‐600型…
  3. 雲一つない初日の出 博物館に観望客百人
  4. 本市で3度目の県市長会議 国、県への提言24件を承認 白川市長が…
  5. 利用客が40万人達成 ORC長崎~壱岐線
  6. 10人以上での会食も容認 10月29日から人数制限解除
  7. 民生委員・児童委員 90人に委嘱状を伝達
  8. 長澤みずきさんを任命 地域おこし協力隊

おすすめ記事

  1. 筒城浜で心身を鍛錬 剛柔流空手道合同寒稽古
  2. 第10回壱州祭が29日まで開催 高校生による文化芸術祭
  3. 初の定期演奏会開く 市消防音楽隊ハミングバーズ

歴史・自然

PAGE TOP