地域情報

イルカ2頭が仲間入り。市民から名前を募集。

市が購入したハンドウイルカ2頭が19日、壱岐イルカパーク&リゾートに搬入された。現在は環境のなじませる段階で、プログラムにはまだ参加していないが、今後、様々な馴致を行っていく。

到着したのはオス、メス1頭ずつで、ともに推定12歳。オスは体長283㌢、体重252㌔、メスは体長288㌢、体重226㌔。

同パークのトレーナーは「オスは、体に対して背びれと尾びれが大きくて、背びれはとがっていて男らしい。その一方、メスの後ろをついていく感じ。メスは、目から口元にかけて、顔の模様(線)がくっきりしていて、何にでも興味を持って積極的に泳ぎ回っている」と2頭の特徴を紹介した。

同パークでは2頭の名前を募集している。募集期間は6月4日までで、施設内に応募用紙、受付箱を備え付けている。名前は応募案の中から選定委員会で決定。命名者には体験チケットなど記念品が贈られる。
問い合わせは同パーク(☎42‐0759)

関連記事

  1. 芦辺に3万平方㍍の土地取得 日韓トンネルフォーラム
  2. 壱岐高校歴史学専攻の8人が奈良大創立50周年記念特別賞。全国高校…
  3. ジュディ・オングさん来島 トークショー、サイン会を開催
  4. 初年度2026匹を捕獲。イスズミハンター。
  5. 2~4月燃油調整金無料へ 九州郵船フェリー・JF
  6. 海岸を薄紫に彩る。ハマベノギクとダルマギク。
  7. ツルの北帰行始まる。山崎地区に約50羽の群れ。
  8. 父引継ぎ灯台監視に協力 山本さんに海保長官感謝状

おすすめ記事

  1. 筒城浜で心身を鍛錬 剛柔流空手道合同寒稽古
  2. 第10回壱州祭が29日まで開催 高校生による文化芸術祭
  3. 初の定期演奏会開く 市消防音楽隊ハミングバーズ

歴史・自然

PAGE TOP