地域情報

イルカ2頭が仲間入り。市民から名前を募集。

市が購入したハンドウイルカ2頭が19日、壱岐イルカパーク&リゾートに搬入された。現在は環境のなじませる段階で、プログラムにはまだ参加していないが、今後、様々な馴致を行っていく。

到着したのはオス、メス1頭ずつで、ともに推定12歳。オスは体長283㌢、体重252㌔、メスは体長288㌢、体重226㌔。

同パークのトレーナーは「オスは、体に対して背びれと尾びれが大きくて、背びれはとがっていて男らしい。その一方、メスの後ろをついていく感じ。メスは、目から口元にかけて、顔の模様(線)がくっきりしていて、何にでも興味を持って積極的に泳ぎ回っている」と2頭の特徴を紹介した。

同パークでは2頭の名前を募集している。募集期間は6月4日までで、施設内に応募用紙、受付箱を備え付けている。名前は応募案の中から選定委員会で決定。命名者には体験チケットなど記念品が贈られる。
問い合わせは同パーク(☎42‐0759)

関連記事

  1. インスタで壱岐の魅力発信。地域おこし協力隊の田口さん。「#iki…
  2. 市役所仕事始め式 白川市長が訓示
  3. 新市議16人が決まる 新人森さんがトップ当選 壱岐市議会 議員選…
  4. 山口、山川さんを表彰。東京壱岐雪州会。
  5. プレミアム商品券第2弾も完売。島民宿泊・バスツアーも上限間近。
  6. リブランドオープン。壱岐リトリート海里村上。
  7. 5Gの未来を説明。ファーウェイ日本が壱岐高で授業。
  8. 短歌コンテストも開催。万葉公園開園50周年記念イベント

おすすめ記事

  1. どれだけ勉強しているかが判断材料
  2. 協力隊員に名子さん、林さん ―海の資源回復担当―
  3. 司馬遼太郎の足跡たどる 一支国博物館がバスツアー

歴史・自然

PAGE TOP