地域情報

麻薬探知犬が公開訓練 盈科小で税関業務授業

門司税関は10月21日、盈科小学校(坂元正博校長、347人)の5、6年生103人を対象に、税関業務についての説明と麻薬探知犬の公開訓練を行った。
ビデオで、旅客者の携帯品の通関、国際郵便の通関など税関業務について勉強。福岡空港近くの訓練センターから派遣された麻薬探知犬ブルース(オス5歳)が、ポーチを持った6人の児童から麻薬の臭いのするポーチを持った1人を臭いで見極めて、その児童の前で座ってトレーナーに教えるデモンストレーションを披露した。

 

関連記事

  1. 壱岐勢W初戦突破 高校野球選手権   長崎県大会 奇跡の逆転劇 …
  2. 壱岐、対馬周辺海域 洋上発電で現地調査へ。
  3. 消防操法も三島(長島)が優勝
  4. 最大関心事は新市庁舎建設 4議員から一般質問集中 市議会12月定…
  5. 新副議長に今西菊乃さん 壱岐市議会で女性初
  6. 台湾人留学生ポンさん、本市で就業体験。
  7. 猿岩が1日限りライトアップ 観光地の新たな魅力創出
  8. 気仙町で“復耕”支援 壱岐活き応援隊

おすすめ記事

  1. ジャンボサイコロ大会 柳田保育所児童も参加
  2. 昔の農機具で脱穀体験 古代米づくり収穫祭
  3. 日本最古イエネコ骨、線刻文字土器 「カラカミ遺跡の全貌展」で展示 1月9日まで 一支国博物館

歴史・自然

PAGE TOP