地域情報

麻薬探知犬が公開訓練 盈科小で税関業務授業

門司税関は10月21日、盈科小学校(坂元正博校長、347人)の5、6年生103人を対象に、税関業務についての説明と麻薬探知犬の公開訓練を行った。
ビデオで、旅客者の携帯品の通関、国際郵便の通関など税関業務について勉強。福岡空港近くの訓練センターから派遣された麻薬探知犬ブルース(オス5歳)が、ポーチを持った6人の児童から麻薬の臭いのするポーチを持った1人を臭いで見極めて、その児童の前で座ってトレーナーに教えるデモンストレーションを披露した。

 

関連記事

  1. 郵便局員に感謝状 詐欺を未然に防止
  2. ゆず種子から化粧水開発。壱岐旅館組合「女将の会」
  3. インターネット速度改善へ。通信施設整備に3300万円計上。市議会…
  4. 総会に170人参加 東海壱岐の会
  5. 秋空にサクラ開花。市内各所で狂い咲き。
  6. GW乗船客95・3%減少。九州郵船・博多‐壱岐航路。
  7. 「ストップ孤立」
  8. 野焼きは必ず届け出を!。林野火災多発中。

おすすめ記事

  1. どれだけ勉強しているかが判断材料
  2. 協力隊員に名子さん、林さん ―海の資源回復担当―
  3. 司馬遼太郎の足跡たどる 一支国博物館がバスツアー

歴史・自然

PAGE TOP