地域情報

7月1日一斉に乾杯 壱岐焼酎の日

「壱岐焼酎の日」の1日、今年で4回目となった乾杯イベント(壱岐焼酎委員会主催)が郷ノ浦町の壱岐酒類販売協同組合倉庫前広場で行われ、白川博一市長、山本啓介県議、各酒造メーカー関係者ら約100人が集まり、午後7時01分、一斉に乾杯の声を上げた。
7月1日は壱岐焼酎が世界貿易機関(WTO)に地理的産地指定認可されたのを記念して日本記念日協会が「壱岐焼酎の日」と定めた。壱岐焼酎委員会(森山浩幸委員長)は消費拡大と壱岐のPRのため、今年も福岡市で同時にイベントを開催。ikiikiサポートショップ「居酒屋花ざかり博多駅南店」とインターネット回線で結び、動画で同時に乾杯を行った。
乾杯の音頭を取った白川市長は「市長選のマニフェストに、壱岐焼酎倍増計画を掲げた。7蔵に倍増を頑張ってもらい、雇用の場を確保してもらいたい」と要望した。

 

関連記事

  1. 白川市長資産公開 給与所得1031万円
  2. 県防災航空隊が消防本部と訓練。本市から派遣の江口隊員も。
  3. 赤ちゃんイルカ「ミラク」が死亡 イルカパークのアイドル
  4. 消防車が一斉放水 各地区で消防出初式
  5. 郷ノ浦港に立体駐車場計画、白川市長が明言。市議会一般質問
  6. 両高校で卒業証書。250人が学び舎巣立つ。
  7. モデル空き家整備で移住促進。市生涯活躍のまち推進協議会
  8. 国内初、3遺跡が集結 国特別史跡弥生集落3大遺跡展 一支国博物館…

おすすめ記事

  1. 目標は2連覇 県代表に3選手 中学男子ソフト 壱岐ブレイブス
  2. 財政削減に切り込んだ提案を
  3. イエマチに『海の生き物』 勝小児童が壁画に挑戦

歴史・自然

PAGE TOP