地域情報

港湾整備3点に前向き回答。印通寺港、初山漁港は初要望。壱岐市から 県知事要望。

壱岐市から県に対しての要望活動が26日、県庁特別応接室で行われ、市からは白川博一市長、豊坂敏文市議会議長、山本啓介県議らが、県からは中村法道知事、関係部長らが出席した。白川市長は12項目の要望のうち、郷ノ浦港ジェットフォイル浮桟橋、印通寺港起き防波堤、初山漁港防風フェンスの港湾施設整備3点について説明。中村知事は「港は地域の玄関口であり、顔である。その役割は時代の変化とともに変わりつつあり、地元の人の意見を聞きながら、より有効な港湾の活用を考え、県としても港湾整備に取り組んでいきたい」と前向きな回答をした。

関連記事

  1. 創立40周年記念音楽会を開催 壱岐中央ロータリークラブ
  2. 「責任は知事と我々政治家に」山本県議が国境離島新法で追及。県議会…
  3. ホタルの乱舞が始まった 清水橋では早くも数百匹
  4. 2千円の高級駅弁「壱岐弁」 旅行会社関係者270人にPR 
  5. 辰ノ島がランクダウン 海水浴場水質調査
  6. 2人の地域おこし協力隊員。情報発信に取り組む。
  7. 壱岐高が優秀賞受賞 全国高校生歴史ファーラム
  8. 壱岐ゆかりの芸術家たち展 19日まで一支国博物館で開催 

おすすめ記事

  1. ジャンボサイコロ大会 柳田保育所児童も参加
  2. 昔の農機具で脱穀体験 古代米づくり収穫祭
  3. 日本最古イエネコ骨、線刻文字土器 「カラカミ遺跡の全貌展」で展示 1月9日まで 一支国博物館

歴史・自然

PAGE TOP