地域情報

港湾整備3点に前向き回答。印通寺港、初山漁港は初要望。壱岐市から 県知事要望。

壱岐市から県に対しての要望活動が26日、県庁特別応接室で行われ、市からは白川博一市長、豊坂敏文市議会議長、山本啓介県議らが、県からは中村法道知事、関係部長らが出席した。白川市長は12項目の要望のうち、郷ノ浦港ジェットフォイル浮桟橋、印通寺港起き防波堤、初山漁港防風フェンスの港湾施設整備3点について説明。中村知事は「港は地域の玄関口であり、顔である。その役割は時代の変化とともに変わりつつあり、地元の人の意見を聞きながら、より有効な港湾の活用を考え、県としても港湾整備に取り組んでいきたい」と前向きな回答をした。

関連記事

  1. 山石さん飼養「かねはる」、全共宮城大会3区出場決定。
  2. 焼酎ひろばに400人 35種を利き酒
  3. 九郵への要望総括 市航路対策協議会
  4. 感染症警報を継続 ヘルパンギーナ
  5. ブロック間の連携を ごっとり市場会議
  6. 玄海原発再稼動に反対決議。市議会が全会一致で可決。3号機は23日…
  7. スイレンが満開。筒城浜ふれあい広場。
  8. 自治基本条例素案を答申。地域コミュニティづくりに効力、今年度中に…

おすすめ記事

  1. ジャガイモ「壱岐黄金」 平人営農組合が収穫祭
  2. 小島神社参道改修の支援募る 田河まち協と氏子会が連携
  3. 守時タツミピアノコンサート 22日 一支国博物館で開催

歴史・自然

PAGE TOP