スポーツ

松本汰壱が全日本出場決める。男子の郷ノ浦は連続準優勝。県中総体

県中学校総合体育大会の陸上競技が22、23日の2日間、諫早市のトランスコスモススタジアム長崎で開かれ、本市から51人が出場。男子の郷ノ浦は総合得点29点で、2年連続準優勝を果たした。また、共通男子走り幅跳び決勝で松本汰壱(郷ノ浦3年)が、従来の記録を5㌢更新する6㍍75の大会新記録で優勝した。
同記録は第44回全日本中学校陸上競技選手権大会(8月19~22日・熊本県民総合運動公園陸上競技場)の参加標準記録(6㍍55)を大きく突破するもので、松本は一昨年、昨年のジュニアオリンピックに続いて3年連続全国大会出場を決めた。
松本は5本目まで6㍍44が最高だったが、最終試技の6本目で記録を塗り替えた。「全日本の参加標準を超えることを目標に、この1年頑張ってきた。通常なら6本目は疲れが出るものだが、集中していたので疲労はまったく感じていなかったし、どんな跳躍をしたのかもよく憶えていない。無心になれたことが記録につながったのだと思う」と話した。
昨年の全日本中学走り幅跳びの優勝記録は6㍍94で、松本がマークした6㍍75は昨年の5位に相当する。自己ベストを伸ばし続けている松本なら、全日本優勝も十分に狙えそうだ。
松本は3年男子百㍍決勝で11秒46の3位、共通男子4×百㍍リレーでも郷ノ浦のエースとして2走を走り、5位入賞に貢献した。

関連記事

  1. お宝通り命名 お宝地蔵大祭
  2. 壱岐市病院事業事務引継式
  3. 岩本圭助さんがファミリーの部2冠 島外から415人出走
  4. 石田少年Aが優勝 市少年剣道大会
  5. 男女とも郷ノ浦Aが優勝 市中体連駅伝
  6. 色とりどりの「さつき展」芦辺町文化協会盆栽部 
  7. 元五輪選手らがクリニック ミニバスケット選手84人参加
  8. 壱岐ー福岡ヨットレース。32艇出走も微風で不成立。

おすすめ記事

  1. ジャンボサイコロ大会 柳田保育所児童も参加
  2. 昔の農機具で脱穀体験 古代米づくり収穫祭
  3. 日本最古イエネコ骨、線刻文字土器 「カラカミ遺跡の全貌展」で展示 1月9日まで 一支国博物館

歴史・自然

PAGE TOP