スポーツ

海星の壱岐コンビが大活躍 高校野球県大会優勝

来春のセンバツ甲子園大会出場を目指す第137回九州地区高校野球権大会(秋季大会)決勝が11日、長崎市の県営ビッグNスタジアムで行われ、海星が長崎総合科学大付属に17‐1で快勝した。両校は24日から鹿児島県で行われる九州大会に出場する。
海星新チームのキャプテンを務めているのは石田中出身の小畑翔大外野手(2年)。旧チームでも2年生ながらレギュラーの座をつかんでいた小畑は、新チームで3番を任される中軸に成長。10日の準決勝・長崎日大戦では3打数3安打、決勝でも5打数2安打2打点の大活躍でチームを勝利に導いた。
小畑は「九州大会ではセンバツ甲子園出場が濃厚になるベスト4入りをまずは目指したい」と抱負を語った。
海星で1年時からベンチ入りし、昨夏の甲子園大会も経験した土谷一志投手(郷ノ浦中出)は、今夏はひじの故障で休養を余儀なくされたが、秋季大会では1、2回戦、準々決勝の佐世保工、佐世保西、佐世保北戦に登板して好投。準決勝は9回にリリーフ登板して長崎日大の追撃を封じた。まだひじの状態は万全ではないものの、徐々に調子を取り戻してきており、九州大会でも小畑との壱岐コンビで旋風を巻き起こしてくれそうだ。

 

関連記事

  1. お宝通り命名 お宝地蔵大祭
  2. 夢の箱根山下りを疾走。順天堂大・江口智耶(石田中出身)、第94回…
  3. 壱岐高放送部が全国大会出場。22日からNHK杯コンテスト。
  4. 壱岐SSCが48チームの頂点 唐津さわやか大会に優勝
  5. 壱岐署で武道始め 柔道・剣道で汗
  6. 4種目8人が大会新記録。新春マラソンに1859人出走。
  7. 壱岐SSCが両クラス制覇 JC旗佐世保地区少年サッカー
  8. 野上恵子さんと一緒に走った!十八銀行陸上部が教室開講。

おすすめ記事

  1. クロカン&トレイル練習会 沼津・小牧崎公園で初開催
  2. 路線バス初山線が運行休止 送る会で運転手に花束贈呈
  3. 訪日客急増の流れに乗る対策を

歴史・自然

PAGE TOP