地域情報

光モノが大好きな大型新人 ケーブルテレビ・田代梓奈さん

1月から市ケーブルテレビのアナウンサーとなった田代梓奈さん(23)。担当の「今日もキバッチ!!」「お買い得情報」で、はつらつとした姿が視聴者を楽しませている。
福岡県飯塚市生まれ。大阪・摂南大学外国語学部を卒業し、福岡のアナウンススクールに通っている時に壱岐での仕事を紹介された。「高校を卒業した時からアナウンサーになりたいと思っていたので、迷わず決めました」。
壱岐は就職して初めて訪れたが「みんな温かく迎え入れてくれて、スーパーで買い物をしていると声を掛けてくれる。寂しさはまったくありません。人との関わりが好きなので、いろいろな人と出会えるこの仕事は大好きです」。人のぬくもりを求めて、仕事帰りには一人で居酒屋に立ち寄ることも。
〝光モノ”が大好き。宝石でも、青魚でもない。「壱岐に来てまず感動したのが満天の星空。まるで落ちてきそう。こんなに沢山の星を見たのは生まれて初めてでした。それからイカ漁の漁火、ホタル。壱岐は光モノ天国です」。
身長170・9㌢と大柄なためか「みんなに〝豪快”と言われる。自覚はないのですが、笑い声も豪快でうるさいみたい」。中学、高校は陸上部のマネージャーを務めていてスポーツ好き。アビスパ福岡のサポーターもしていた。「いつかスポーツ番組のアナウンスをしてみたいな」とアピールしている。元陸上部だった後藤麻希子アナウンサーとともに、スポーツ好きで豪快に笑う2人が、テレビから壱岐を明るくしている。

田代アナ(1日海上保安官を務めた田代アナ)

 

関連記事

  1. タイ人留学生が料理。壱岐高調理部員と交流。
  2. コロナ検査気軽に 検査キット自販機設置
  3. 驚愕の平均価格8・9%増。アフターコロナ見えた子牛市場。2年4か…
  4. いけすの部品?。実はネコザメの卵。
  5. 大阪で壱岐をPR。プレミアムマルシェ
  6. 福岡市で壱岐焼酎を語る 第2回焼酎カレッジ
  7. 人口2万5千人割り込む。令和2年国勢調査。
  8. 泥だらけでも笑顔と白い歯 霞翠小どろリンピック

おすすめ記事

  1. どれだけ勉強しているかが判断材料
  2. 協力隊員に名子さん、林さん ―海の資源回復担当―
  3. 司馬遼太郎の足跡たどる 一支国博物館がバスツアー

歴史・自然

PAGE TOP