地域情報

カウントダウン、初日の出 華やかな新年の幕開け

壱岐島が華やかに2016年の新年を迎えた。
大みそかの午後10時からは「猿岩カウントダウン2016」(同実行委員会主催)が行われた。同地でのカウントダウン・イベントは前回の申年以来12年ぶり。申年の象徴となる猿岩は10基のLED、ハロゲンライトに照らされて巨大な横顔を現し、ステージではAMMERSのダンスショー、音楽家・松本かつひろさんのアコースティックライブなどが披露された。
深夜零時に合わせて約5百人の観客がカウントダウンを唱え、零時ちょうどにクラッカーを鳴らし、ジェット風船を飛ばして、新年の幕開けを祝った。さらに玄海怒涛太鼓の演奏に合わせて、芸術家・ハシグチリンタロウさんが書道パフォーマンスを披露。餅つき・餅まきや、猪鍋・ぜんざいの振る舞いなども行われた。
このイベントの様子は元日の毎日新聞全国版の1面で紹介されたほか、NHKニュースなどでも取り上げられ、猿岩の知名度アップに大きな効果をもたらした。同委員会は「市、県振興局、観光連盟、十八銀行職員ら25人が5時間にわたって交通誘導を行うなど、1か月半前の準備段階から積極的に協力して頂いたおかげで、事故や混乱もなくイベントを行うことができた。今後の壱岐のナイト観光の可能性が示されたのではないか」と話した。

正月(ジェット風船で新年を祝う参加者)

元旦は一支国博物館屋上展望広場、展望室で初日の出観望会が催され、大阪からのツアー客など約60人が黄金色に輝く初日の出に新年の願いをかけた。
日の出は午前7時25分の予定だったが、稜線に雲がかかっていたため、約10分後の同35分ごろから雲の上に陽光が顔を出し、同45分ごろにはモヤに揺れるように大きな太陽全体を拝むことができた。

 

関連記事

  1. 「横山五十」がミラノで高評価 重家酒造の純米大吟醸酒
  2. 今年初めてO157が発生
  3. 本年度から36億円減、総額236億7千万円を計上。新年度一般会計…
  4. スタントマンが自転車事故疑似体験披露
  5. 勝本港の花火大会が8月13日に変更
  6. 人命救助で3人を表彰 海転落の男性引き揚げる
  7. 全国7番目、県内初 壱岐商高に株式会社
  8. 森俊介さんが市長選出馬へ。Iki‐Bizセンター長。

おすすめ記事

  1. 元軍の「石弾」を展示 元寇750年 県埋文センター
  2. 詐欺被害と予兆多発、注意! 県内上半期被害70件
  3. 守時タツミコンサート 「風そよぐ」など13曲を披露

歴史・自然

PAGE TOP