地域情報

ルーヴル銅版画展第2期がスタート

一支国博物館で開催中の特別企画展「ルーヴル美術館の銅版画展」は、13日から第2期が始まった。
ルーヴル美術館に約3百年前から受け継がれているカルコグラフィー室(銅版画の保管室)の約1万3千点の中から約30点を展示。「モナ・リザ」(レオナルド・ダ・ヴィンチ)、「レースを編む女」(ヨハネス・フェルメール)などは第1期に引き続き展示され、第2期は新たに17世紀に植物図鑑として制作されたボタニカル(植物)アートの版画作品を追加した。
また「イタリアの女」(アメデオ・モディリアーニ)から、7枚の作品が重なり合うカラー版画作品の出来上がるまでの過程などが紹介されている。

 

関連記事

  1. 市内に流行警報が発令。ヘルパンギーナが急増。
  2. 焼酎イベント相次ぎ開催 ごっとりまつりに190人
  3. 初の合同企業説明会 5企業が参加
  4. 観光拠点整備へ。遊覧船発着所も移転。勝本浦に埋立計画。
  5. 4月から島民運賃値下げへ。国境離島新法制度説明会
  6. 森俊介さんが市長選出馬へ。Iki‐Bizセンター長。
  7. 県内出土の石製品 オープン収蔵庫で展示
  8. 17日間の中国語研修から帰国 壱岐高東アジア・中国語コース14人…

おすすめ記事

  1. どれだけ勉強しているかが判断材料
  2. 協力隊員に名子さん、林さん ―海の資源回復担当―
  3. 司馬遼太郎の足跡たどる 一支国博物館がバスツアー

歴史・自然

PAGE TOP