地域情報

ルーヴル銅版画展第2期がスタート

一支国博物館で開催中の特別企画展「ルーヴル美術館の銅版画展」は、13日から第2期が始まった。
ルーヴル美術館に約3百年前から受け継がれているカルコグラフィー室(銅版画の保管室)の約1万3千点の中から約30点を展示。「モナ・リザ」(レオナルド・ダ・ヴィンチ)、「レースを編む女」(ヨハネス・フェルメール)などは第1期に引き続き展示され、第2期は新たに17世紀に植物図鑑として制作されたボタニカル(植物)アートの版画作品を追加した。
また「イタリアの女」(アメデオ・モディリアーニ)から、7枚の作品が重なり合うカラー版画作品の出来上がるまでの過程などが紹介されている。

 

関連記事

  1. 2人の地域おこし協力隊員。情報発信に取り組む。
  2. 総額208億5600万円 新年度一般会計予算案可決
  3. 麻薬探知犬が公開訓練 盈科小で税関業務授業
  4. スイレンが満開。筒城浜ふれあい広場。
  5. 中国から2団体 インバウンド着々
  6. 遼東系銅釧(腕輪)、原の辻で国内初出土。
  7. 焼酎ひろばに400人 35種を利き酒
  8. 人口2万7103人 5年で2274人減少

おすすめ記事

  1. ジャンボサイコロ大会 柳田保育所児童も参加
  2. 昔の農機具で脱穀体験 古代米づくり収穫祭
  3. 日本最古イエネコ骨、線刻文字土器 「カラカミ遺跡の全貌展」で展示 1月9日まで 一支国博物館

歴史・自然

PAGE TOP