地域情報

ルーヴル銅版画展第2期がスタート

一支国博物館で開催中の特別企画展「ルーヴル美術館の銅版画展」は、13日から第2期が始まった。
ルーヴル美術館に約3百年前から受け継がれているカルコグラフィー室(銅版画の保管室)の約1万3千点の中から約30点を展示。「モナ・リザ」(レオナルド・ダ・ヴィンチ)、「レースを編む女」(ヨハネス・フェルメール)などは第1期に引き続き展示され、第2期は新たに17世紀に植物図鑑として制作されたボタニカル(植物)アートの版画作品を追加した。
また「イタリアの女」(アメデオ・モディリアーニ)から、7枚の作品が重なり合うカラー版画作品の出来上がるまでの過程などが紹介されている。

 

関連記事

  1. 第3次市総合計画案を答申。タイトルは「壱岐、誇り」。
  2. 土木の日フェスタ&消防団フェスタ開催。
  3. 住民の魅力を取材。「壱州人辞典」協力隊が企画。
  4. 壱岐地区代表牛17頭を選考。メイン7区は金太郎3産子。7月7日 …
  5. ウニキャラの名前変更
  6. 東京で「壱岐カフェ」開催 独身女性14人に壱岐の魅力紹介
  7. 虹の原特別支援学校 壱岐分校が開校
  8. 郷ノ浦は「反対」が圧倒的 市庁舎建設で公聴会

おすすめ記事

  1. 元軍の「石弾」を展示 元寇750年 県埋文センター
  2. 詐欺被害と予兆多発、注意! 県内上半期被害70件
  3. 守時タツミコンサート 「風そよぐ」など13曲を披露

歴史・自然

PAGE TOP