スポーツ

勝本北星は2回戦敗退 全日本軟式野球大会

高松宮賜杯第59回全日本軟式野球大会(2部=Cクラス)が16日に香川県営球場などで開幕し、全国から32チームが出場した。
長崎県代表として壱岐市から初出場した勝本北星は、17日の1回戦でSUN電装T’s(高知)と対戦。3回に2点、4回に1点を許し先行されたが、4回裏に4番川谷晃平の中前2点適時打、5番長谷川剛介兼任監督の三塁打で計3点を返して同点。その後、両チームとも1点ずつを追加し、4‐4で迎えた9回裏、2安打と四球でつかんだ1死満塁のチャンスに、1番白川秀貴がサヨナラ左前打を放ち、5‐4で初戦突破を果たした。
18日の2回戦は富山GOLD LIONS(富山)と対戦。1回に2点の先制を許したが、3回表に2番村田真吾の本塁打などで同点に追いつく。5回にも村田の内野ゴロの間に1点を取り3‐2とリードしたが、7回に追いつかれた。延長12回には3連続内野安打で無死満塁の絶好のチャンスをつかんだが、得点に結びつけられなかった。
7回までエースの竹原豊、8回からは2番手山田敬吾が粘り強いピッチングを見せたが、延長12回裏2死走者なしから、山田が富山の1番兜山に左中間フェンス越えのサヨナラ本塁打を喫し、3‐4で惜しくも2回戦敗退となった。
▽1回戦
高知
002100100-4

000301001X-5
勝本北星
▽2回戦
勝本北星
0020100000000-3
2000001000001X-4
富山

 

関連記事

  1. 2人と1団体に市長特別表彰 バレー田中さんは2度目の受賞 作文・…
  2. 警察業務に関心 中学生が職場体験
  3. 壱岐高出身、北島武さん 日本製鉄堺ブレイザーズ監督に
  4. 浦上啓芯が最優秀 少年少女空手道大会
  5. 元Jリーガーが小学生を指導。フットボールクリニック
  6. 田河小学校で運動会。全18校で無事に開催。
  7. スポーツ全国大会出場称える。1団体と7人に市長特別表彰。
  8. 2時間26分の死闘、勝本準優勝 玄界灘親善少年軟式野球大会

おすすめ記事

  1. 自然農法のアイガモを放鳥 原の辻さなぶりの祭り
  2. 壱岐警察署で初イベント 白バイ試乗、音楽隊演奏
  3. 筒城浜の景観保全 筒城小児童らが除草

歴史・自然

PAGE TOP