地域情報

驚愕の平均価格8・9%増。アフターコロナ見えた子牛市場。2年4か月ぶり 84万円台に復活。

JA壱岐市の定期4月子牛市場が9、10日に芦辺町の壱岐家畜市場で開かれ、平均価格は84万314円(牝75万5696円、去勢90万5839円)で、前回の2月市場と比べて108・86%と大幅な価格高騰となった。平均価格84万円台は2018年12月市場以来、2年4か月ぶりとなった。取引成立は637頭で販売総額は約5億3528万円。子牛市場は新型コロナウイルスの影響が深刻だった昨年4~10月市場は平均価格が63~68万円台にまで落ち込んでいたが、昨年12月市場からは急激に復調気配を見せており、畜産農家など関係者には安どの声が広がっている。

関連記事

  1. 8~10月も燃油調整金なし 九州郵船JF、フェリー
  2. 長崎県壱岐病院が開院
  3. 壱岐高放送部「生命線」。県献血推進CMコン最優秀。
  4. 盆期間に盛りだくさんのイベント。海上レインジャー大会復活。
  5. 住吉神社で園遊会
  6. イルカ2頭が仲間入り。市民から名前を募集。
  7. 収穫に感謝 献穀田抜穂祭
  8. イルカのひかり死亡 今年3頭目の訃報

おすすめ記事

  1. ジャンボサイコロ大会 柳田保育所児童も参加
  2. 昔の農機具で脱穀体験 古代米づくり収穫祭
  3. 日本最古イエネコ骨、線刻文字土器 「カラカミ遺跡の全貌展」で展示 1月9日まで 一支国博物館

歴史・自然

PAGE TOP