地域情報

驚愕の平均価格8・9%増。アフターコロナ見えた子牛市場。2年4か月ぶり 84万円台に復活。

JA壱岐市の定期4月子牛市場が9、10日に芦辺町の壱岐家畜市場で開かれ、平均価格は84万314円(牝75万5696円、去勢90万5839円)で、前回の2月市場と比べて108・86%と大幅な価格高騰となった。平均価格84万円台は2018年12月市場以来、2年4か月ぶりとなった。取引成立は637頭で販売総額は約5億3528万円。子牛市場は新型コロナウイルスの影響が深刻だった昨年4~10月市場は平均価格が63~68万円台にまで落ち込んでいたが、昨年12月市場からは急激に復調気配を見せており、畜産農家など関係者には安どの声が広がっている。

関連記事

  1. 壱岐高放送部が全国大会出場 ラジオドキュメント番組「喋っちみなー…
  2. クジラが定置網に 郷ノ浦漁協
  3. よっち、たかっち、きもいっち。霞翠地区まちづくり協議会。
  4. 原島診療所が開所 2次離島の無医地区解消 光武新人医師が 毎週木…
  5. ラッピングトラック。4台がお披露目。
  6. 木のぬくもりと明るさ特徴。特養「壱岐のこころ」内覧会。
  7. 「夢はその時々で変わっていく」 Vファーレン・小柳さんが授業
  8. 副市長に笹原さん選任 地方創生に陣頭指揮

おすすめ記事

  1. 長岡美桜さん(壱岐高2年)が最優秀賞 県高校総体ポスター図案に採用 自身が取り組む やり投げの図案
  2. ワカメ大きく育って 三島小児童が養殖体験
  3. 政治家・候補の立看板撤去を

歴史・自然

PAGE TOP