地域情報

壱岐署に門松寄贈。盈科小交通少年団

地域防犯リーダーの綿井信久さん(68)と盈科小学校交通少年団の9人が22日、壱岐署に手作りの門松1対を寄贈した。綿井さんは門松寄贈を15年以上続けている。また盈科小通学路の見守りも20年以上行っていることから、平成24年からは同校の児童とともに交通安全、地域安全を祈願して共同制作を行っている。

児童らは、綿井さんが用意した青竹をのこぎりで同じ長さに切り揃えて竹筒を作り、これを土台にして門松を組み立て、梅、ナンテン、葉牡丹などで装飾。約2時間かけて高さ1・5㍍の門松1対を完成させた。

同少年団の白川拓海副団長(6年)は「竹をまっすぐに切るのが難しかったが、組み立てたらうまく出来た。門松は家で飾っていないが、こんなにきれいにできるのなら自分で作って家でも飾りたい」と始めての門松作りを楽しんだ。

関連記事

  1. 壱岐高で入会式 ヒューマンハート部
  2. 最大関心事は新市庁舎建設 4議員から一般質問集中 市議会12月定…
  3. 原田酒造が初仕込み。県内唯一のクラフトビール醸造所。
  4. 壱岐のギネス記録がピンチ!!
  5. 松下翔紀が高校日本一。2019年十大ニュース
  6. 県内出土の石製品 オープン収蔵庫で展示
  7. 百㌔ウルトラマラソンを計画 白川市長行政報告
  8. 和光会「入所型障がい者支援施設 希望の丘」が開所。

おすすめ記事

  1. 坪触のトンネル工事現場見学 「土木の日」子どもら招待
  2. 海域のサンゴ礁を調査 「変化なく安定している」 国立環境 研究所など
  3. 日本初の無垢製材現し4階 見学会開く 睦モクヨンビル

歴史・自然

PAGE TOP