地域情報

「努力次第で防げるものも」 辰ノ島でボランツーリズム

 海岸漂着ゴミの清掃活動と観光を組み合わせたボランツーリズムin壱岐(市主催)が1~2日、辰ノ島などであり、大阪や佐賀、長崎など島外からの参加者を含め、約140人が参加した。
壱岐島おこし応援隊チーム防人(中山忠治代表)が市から委託を受けて企画。平成22年から始まり今年で13回目。
1日は辰ノ島で清掃活動を実施。当日は時より雨が降る天候で、予定より1時間ほど早く切り上げることになったが、参加者は2時間ほどかけてペットボトルや漁具、網などの漂着ゴミを約30立方㍍分のゴミを集めた。清掃後には辰ノ島の散策コース巡りも行われた。
2日は一支国博物館でワークショップを開き、参加者は日頃の活動を紹介し合い、海洋ゴミの抑制策も話し合った。また、九州大学大学院工学研究院の中山裕文准教授の講演もあった。
長崎大学の主に海浜清掃に取り組むサークル「ながさき海援隊」の同大環境科学部4年、黒川武弘さんは「1年生の時から海援隊に参加し、壱岐、対馬の漂着ゴミが多いことは知っていたが、実際に参加すると圧倒される量だった。壱岐は長崎市内に比べて量が多く、外国のものが多かった。卒業したら鉄道会社の総合職に就くので、海ゴミ問題で感じたことを街づくりに生かしたい」と話した。
また、初日の辰ノ島の清掃活動に本市観光大使のちんねんさん(43)が参加した。「ルアーやロープが多く、マナーを守ったり、(人間の)努力次第で防ぐことができる物も多いと感じた。観光客の皆様にもこの現実を見て頂ければ、より捨てる人が減ると思う。この活動も知ってもらいたいですね」と話した。

関連記事

  1. 壱岐署玄関に門松寄贈 綿井さんと盈科小交通少年団
  2. 4日から選挙戦スタート。30日投開票 壱岐市議選
  3. 双六古墳石室内を見学 全国国分寺サミット開催
  4. 25年度も10万人突破 一支国博物館入館者 須藤館長インタビュー…
  5. 市老人ホームに3姉妹。75年ぶりの同居生活。敬老の日
  6. 玄海原発再稼動に反対決議。市議会が全会一致で可決。3号機は23日…
  7. 石田スポセンで30人が合宿。男子バドミントンチーム。
  8. 火災が多発、今年すでに19件 野焼きは事前の届け出を

おすすめ記事

  1. 自然農法のアイガモを放鳥 原の辻さなぶりの祭り
  2. 壱岐警察署で初イベント 白バイ試乗、音楽隊演奏
  3. 筒城浜の景観保全 筒城小児童らが除草

歴史・自然

PAGE TOP