地域情報

しまとく通貨完売間近

県は5日、県内の離島で使える特典付き地域通貨「しまとく通貨」の本年度分販売が、今月下旬に完売する見通しであることを、県議会・半島地域振興特別委員会で報告した。
県によると、本年度分は90万セット(45億円分)を用意していたが、8月末までに約61万2千セット(約30億6千万円分)を売り上げた。来年3月末までの分を確保している旅行商品に付いたものを除くと、窓口販売分は残り約7万セット(約3億5千万円分)となった。
しまとく通貨は平成25年度から3か年事業で、本年度が最終年度となる。今後の継続について県は同委員会で「各市町と検討している」と説明した。

 

関連記事

  1. ワカメ大きく育って 三島小児童が養殖体験
  2. 山口幹雄賞に工芸・梶田さん。第61回市美術展覧会
  3. 樋渡啓祐元武雄市長が壱岐で初講演 地方創生の秘訣を披露
  4. 今西さんが最優秀賞。JA県女性部発表。
  5. 盆期間に盛りだくさんのイベント。海上レインジャー大会復活。
  6. 原の辻ガイダンスお田植え祭に150人参加
  7. 百歳到達者14人に祝状 安倍総理、中村知事
  8. 7月1日一斉に乾杯 壱岐焼酎の日

おすすめ記事

  1. 元軍の「石弾」を展示 元寇750年 県埋文センター
  2. 詐欺被害と予兆多発、注意! 県内上半期被害70件
  3. 守時タツミコンサート 「風そよぐ」など13曲を披露

歴史・自然

PAGE TOP