友だち追加

© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20228/1

バナナ園内にカフェ 観光農園にリニューアル

芦辺町湯岳興触でバナナを栽培する株式会社コスモファーム(住吉節子代表取締役)は16日、観光農園「BANANA FARM IKI」をオープンさせた。

同社は2020年11月から栽培。ハウス内で150株を育て、今年2月には初の収穫を行っている。今回は、芦辺港近くのバナナジュース店「壱岐王様8710」を園内に移しカフェ「BANANA OASIS」として新規オープン。園で収穫されたバ

ナナをより新鮮なうちに提供できるようにした。バナナジュースのほか、バナナソフトクリームやまんじゅう、クッキー、バナナの幹や葉で作られたトレイや皿も販売している。

オープンに先立ち11日には、同社の応援団長を務める華道家の假屋崎省吾さんと住吉代表がテープカット。住吉代表は「バナナオアシスは、島内の方の癒しの場所になればと思い名付けた。島内外の方に栄養たっぷりのバナナジュースを飲んでいただき、免疫力アップで夏の暑さを乗り切っていただきたい」とあいさつ。假屋崎さんは「大勢の方に壱岐に来てもらい、一人でも多くの方に美味しさを実感してもらいたい」と話した。

同社の各種情報や問い合わせは、インスタグラムやフェイスブックなどSNSで発信している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20229/19

都道府県対抗中学バレー 県選抜に 郷ノ浦3年、松山凌大さん

第36回全国都道府県対抗中学バレーボール大会(12月25~28日、大阪市)に出場する県選抜選手に、郷ノ浦3年、松山凌大さんが選出された。本市…

20229/19

市内最大「山川家のエノキ」 台風の強風で折れる

台風11号の強風で、郷ノ浦町平人触の市指定天然記念物「山川家のエノキ」が折れているのが見つかった。 所有者の男性が、6日朝に家周辺を見回っ…

20229/19

海を眺めて朝ごはん 市民ら壱岐の食材に舌鼓

勝本浦まちづくり協議会主催の「朝市であさごはん」が11日、黒瀬駐車場で開かれ、市民らが勝本湾を眺めながら朝食を楽しんだ。 朝市商店街の活性…

20229/12

庭園で偶然発見の「からわけ」 博物館講座で河合副館長が解説

一支国博物館の壱岐学講座が4日にあり、同館の河合恭典副館長が国津神社(郷ノ浦町渡良浦)で見つかった「かわらけ」(土師器)について話した。 …

ページ上部へ戻る