政治・経済

天然サザエでクラムチャウダー 若宮水産が品評会ダブル受賞

第59回県水産加工振興祭水産製品品評会(県水産加工振興協会主催)の審査結果が11月29日に発表され、若宮水産(芦辺町、坂本晋秀代表取締役)の「有明海産芝エビのビスク」がデザイン部門で知事賞を、「サザエのクラムチャウダー」が調味加工品・魚卵部門で同振興協会長賞を受賞した。

品評会は県内水産加工品の品質向上を図る目的で県水産加工振興協会が主催して毎年開かれており、今年は422点が審査された。

同社は令和元年にも「ブイヤベース」でも知事賞を受賞している。今回受賞した2商品は、全国のスーパーなどで好評だったブイヤベースの第2弾として企画され、ビスクは天然芝エビを丸ごと使い、コク深いスープに。クラムチャウダーは、壱岐をはじめとした本県産天然サザエを使い、クリーミーなボストン風のチャウダーに仕上げた。

ブイヤベース発売の際、バイヤーから1人前商品の要望が多かったことから今回はいずれも1人前(170㌘)にした。

坂本代表(52)は「これからも壱岐の認知度を高める商品を作っていきたい」と話した。

2商品は同社直営店の「壱膳」(芦辺町)で、芝エビのビスクは450円(税込)、サザエのクラムチャウダーは480円(同)で販売中。

関連記事

  1. アスパラ3億円突破 中村知事も祝福に来島
  2. 音嶋議員が発言撤回も物議 指定管理者に「不動産ころがし」
  3. 雲一つない初日の出 博物館に観望客百人
  4. 坪触のトンネル工事現場見学 「土木の日」子どもら招待
  5. 収穫、木工体験も 観光農園へ準備 片山あじさい園
  6. 高さ16㍍の屋上から紅白餅まき 11日に睦モクヨンビル棟上げ
  7. 利用客が40万人達成 ORC長崎~壱岐線
  8. 長澤みずきさんを任命 地域おこし協力隊

おすすめ記事

  1. 坪触のトンネル工事現場見学 「土木の日」子どもら招待
  2. 海域のサンゴ礁を調査 「変化なく安定している」 国立環境 研究所など
  3. 日本初の無垢製材現し4階 見学会開く 睦モクヨンビル

歴史・自然

PAGE TOP