政治・経済

内海湾の恵みビールに 真珠貝で仕込んだ「パールスタウト」発売

勝本町、原田酒造のクラフトビール醸造所「アイランドブルワリー」は15日から、アコヤ貝(真珠貝)の身を使ったビール「パールスタウト」の販売を始めた。同社の代表、原田知征さん(46)によるとアコヤ貝で仕込んだビールは世界初という。

牡蠣エキスを使ったビール「オイスタースタウト」を知った原田さんが「アコヤ貝でも作れるのでは」と企画。内海湾で真珠貝を養殖する山本真珠の山本壽一さん(69)に話を持ち掛けた。

山本さんによると、アコヤ貝の真珠を取り出した後の身は、以前は食べられていたものの、現在は貝柱を除いて廃棄されている。原田さんの推定では県内で年間60㌧の身が廃棄されているという。

製造では身を煮てエキスを抽出。濾過の過程では殻も使い、貝の風味もビールに生かした。

3~4年かけて貝を育てているという山本さんは「はじめはビールに合うのかなと思ったが協力することにした。(廃棄する部分を活用することは)いいことだと思う。美味しいビールになれば」と話した。

原田さんはフードロスに取り組んでおり、製造で毎月2百~3百㌔出る麦芽かすを牛の餌や堆肥作りとして提供している。「県内、市内のものを使って喜んでいただけるビール造りをしていきたい」と話した。

パールスタウト(330㍉)は税込8百円(島内は750円)。

関連記事

  1. 大石知事に10項目を要望 磯焼け対策のブルークレジットに協力姿勢…
  2. 平均価格55万円台に回復 壱岐家畜市場12月子牛市 全国的に 回…
  3. 山田勝彦衆議が国政報告会 「島民以外も航路運賃低廉化を」 岡田克…
  4. 炭酸割りで楽しむ「イキボール」 玄海酒造が新発売
  5. 副市長に中上総務部長が就任 「豊富な行政経験と卓越した見識」 篠…
  6. 市がSDGs認定制度創設 初研修会に10人受講
  7. 3選出馬表明を持ち越す 白川博一市長
  8. 県議補選は一騎討ちへ 説明会に2陣営出席

おすすめ記事

  1. 自然農法のアイガモを放鳥 原の辻さなぶりの祭り
  2. 壱岐警察署で初イベント 白バイ試乗、音楽隊演奏
  3. 筒城浜の景観保全 筒城小児童らが除草

歴史・自然

PAGE TOP