政治・経済

内海湾の恵みビールに 真珠貝で仕込んだ「パールスタウト」発売

勝本町、原田酒造のクラフトビール醸造所「アイランドブルワリー」は15日から、アコヤ貝(真珠貝)の身を使ったビール「パールスタウト」の販売を始めた。同社の代表、原田知征さん(46)によるとアコヤ貝で仕込んだビールは世界初という。

牡蠣エキスを使ったビール「オイスタースタウト」を知った原田さんが「アコヤ貝でも作れるのでは」と企画。内海湾で真珠貝を養殖する山本真珠の山本壽一さん(69)に話を持ち掛けた。

山本さんによると、アコヤ貝の真珠を取り出した後の身は、以前は食べられていたものの、現在は貝柱を除いて廃棄されている。原田さんの推定では県内で年間60㌧の身が廃棄されているという。

製造では身を煮てエキスを抽出。濾過の過程では殻も使い、貝の風味もビールに生かした。

3~4年かけて貝を育てているという山本さんは「はじめはビールに合うのかなと思ったが協力することにした。(廃棄する部分を活用することは)いいことだと思う。美味しいビールになれば」と話した。

原田さんはフードロスに取り組んでおり、製造で毎月2百~3百㌔出る麦芽かすを牛の餌や堆肥作りとして提供している。「県内、市内のものを使って喜んでいただけるビール造りをしていきたい」と話した。

パールスタウト(330㍉)は税込8百円(島内は750円)。

関連記事

  1. 平均価格55万円台に回復 壱岐家畜市場12月子牛市 全国的に 回…
  2. 壱岐LCと協定 災害時ボランティアで市
  3. 循環型社会、マッチングアプリ… 構想続々 SDGs対話会始まる…
  4. 3選出馬表明を持ち越す 白川博一市長
  5. 水道基本料金8か月減免 新型コロナ地方創生臨時交付金
  6. 第3区代表牛に「かの」号 第12回全国和牛能力共進会
  7. 壱岐3蔵が金賞 本年度酒類鑑評会
  8. 九州郵船が創立百周年祝賀会 白川市長ら300人が出席

おすすめ記事

  1. 目標は2連覇 県代表に3選手 中学男子ソフト 壱岐ブレイブス
  2. 財政削減に切り込んだ提案を
  3. イエマチに『海の生き物』 勝小児童が壁画に挑戦

歴史・自然

PAGE TOP