友だち追加

© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20215/24

今年こそ、県中総体へ!!。市中体連球技・剣道大会。

第71回市中体連球技・剣道大会の7競技が15、16日、市内9会場で開かれた。昨年に引き続き会場の分散、消毒、3密の回避など新型コロナ対策を徹底しての実施となった。団体戦11種目は郷ノ浦6勝、勝本4勝、石田1勝だった。各競技の上位入賞校・個人は7月25~27日に開催される県中学総体に市代表として出場する。

バレーボール男子決勝は、予選で1、2位の郷ノ浦と石田が対戦。郷ノ浦の市山煌太主将(3年)のレフトからのスパイクなどで試合の流れをつかみ大会を制した。市山主将は「3年生の意地を見せてやろうと、絶対勝つという気持ちで(スパイクを)打った。県大会の目標はベスト8。あと2か月しっかりと練習していきたい」と話した。

バレーボール女子決勝は、勝本が村川マリア(3年)の高い打点からの強烈なスパイクで得点を重ね、予選に続いて石田を退けた。

若宮紅音主将(3年)は「1年間の全5大会優勝を目標に掲げてきたので、それが実現できたことが何よりも嬉しい」、エースアタッカーの村川さんは「みんなでバレーができて楽しかった。中学最後は県大会優勝で締めたい」と決意を述べた。

卓球女子個人戦で優勝した勝本の松尾結希那(3年)は得意のサーブを活かして試合を優位に進めた。「うれしい。ミスを少なくすることを心掛けた。県大会ではまずは1勝を目指したい」と目標を語った。

卓球男子団体は勝本が優勝。松永陽誉主将(3年)は「石田が力を付けてきていたので苦戦したが、連覇できて良かった」、土肥龍馬副主将(3年)は「ダブルスを取れたのが大きかった。県大会は楽しんできたい」と話した。

剣道男子個人戦で優勝した田中幸海(石田3年)は「2本勝ちで決めたかったので延長1本での決着は悔しさもある。得意のメンで決められたのは良かった」。女子個人戦優勝の中原菜月(石田3年)は「勝った時の達成感が剣道の魅力。県大会はベスト8を目指したい」と語った。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20216/21

アイガモを放鳥。豊作願うさなぶりの祭り。

原の辻ガイダンスで12日、古代米の豊作を願う「さなぶりの祭り」があり、約40人の市民らが参加した。 NPO法人一支國研究会(伊佐藤由紀…

20216/21

インスタで壱岐の魅力発信。地域おこし協力隊の田口さん。「#iki_photo」でシェア。

地域おこし協力隊で情報発信を担当する田口有香さん(40)が、写真や動画を共有できるSNS「インスタグラム」を活用した壱岐市の魅力発信に取り組…

20216/21

ワクチン集団接種が開始。初日60人、2日目114人。1日180人 接種を目指す。

本市の新型コロナウイルスワクチンの集団接種が12日から壱岐の島ホール中ホールの特設会場で始まった。12日は午後のみの実施で60人、13日は午…

20216/14

壱岐初クラフトジン発売。壱岐の蔵酒造「KAGURA」。

壱岐の蔵酒造(石橋福太郎代表取締役)は7日から、クラフトジン「KAGURA(神楽)」(40度、700㍉㍑)の販売を始めた。 ブルーのグ…

ページ上部へ戻る