友だち追加

© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20198/23

盆期間に盛りだくさんのイベント。海上レインジャー大会復活。

盆期間の壱岐は様々なイベントで盛り上がった。「東北を、日本を、花火で、元気に。」をスローガンに、昨年24年ぶりに郷ノ浦町で開催された花火大会「ライトアップニッポン」は、今年は同様の主旨を引き継いで「壱岐島ふるさと花火」として11日に開催。全国24か所で同時刻に鎮魂と復興の祈りを込めた花火千発が一斉に打ち上げられた。イベント会場となった郷ノ浦港フェリーターミナルではダンス、音楽などのパフォーマンスが繰り広げられ、郷ノ浦港新岸壁、元居公園、岳の辻などでも多くの市民が花火鑑賞をした。

壱岐最大の花火大会「壱岐の島 夜空の祭典」は13日に勝本港湾で開催され、約8千人が詰め掛けた。女性客は浴衣姿で夕刻の海風でひとときの涼を楽しみ、2200発の花火を堪能した。原田知征実行委員長は「今年は大手スポンサーが参加できなかったことで、市民から心配の声も頂いていたが、多くの協賛企業の支えで例年通りの花火大会を開催することができ、感謝している。台風の接近で帰省を早めに切り上げた人もいたため、例年よりも人出は少なかったかもしれないが、花火の演出にも趣向を凝らしたので、存分に楽しんでもらえたのではないか」と話した。

台風接近により花火大会は、14日の石田は中止、15日の芦辺は延期となったが、15日の郷ノ浦地区精霊流し保存会主催第7回精霊流しは、強風の中で実施。盆を迎えた故人や先祖を偲んでもやい船が供えられ、思い思いの文字を書き入れて火を灯した紙灯籠が、次々に郷ノ浦港に流された。

14日は芦辺浦港内で「夏★夢★祭」が開かれ、24年ぶりに海上レインジャー大会が開催された。事前申し込みの25人と、抽選により当日参加の5人が、クレーンで吊られた全長40㍍の綱を、腕力だけで渡る競技に挑戦。時おり強風が吹き、途中からは降雨になるコンディションだったが、優勝者は30㍍を記録したフィットネスクラブ勤務の男性で、優勝景品として5万円分の商品券が贈られた。女性も2人が参加し、1人は18㍍を記録するなど大会を盛り上げた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20221/24

海軍省作成の図録見つかる 「わがいくさぶね」 牧山耕蔵氏贈る 軍縮に不満示す史料か

勝本町勝本浦の殿川酒店(元殿川酒造)に、同町出身の衆院議員、牧山耕蔵氏(1882‐1961年)が寄贈したと見られる旧海軍省が海軍記念日用に作…

20221/24

複業アドバイザー5人が就任 DX、ワーケーション等に助言

市は11日、連携協定を結ぶIT企業のアナザーワークス社が展開する複業マッチングプラットフォーム「複業クラウド」に応募のあった実証実験アドバイ…

20221/24

九州大会で揮毫(きごう) 壱岐高2年、山内樹人さん

第5回全九州高等学校総合文化祭書道部門(揮毫大会)が12月11日、長崎市の県立総合体育館であり、壱岐高校書道部部長の2年、山内樹人さんが出場…

20221/17

雲一つない初日の出 博物館に観望客百人

一支国博物館屋上芝生広場、展望室で1日、新年恒例の初日の出観望会が行われた。新型コロナの第6波が全国的に拡大しているため、島外からの初日の出…

ページ上部へ戻る