地域情報

教育誌「ちゃぐりん」を寄贈 JA壱岐市が島内全小学校に

JA壱岐市(川﨑裕司組合長)と同女性部(浦川重美部長)はJAの関連団体・家の光協会が発刊する小学生向け月刊教育誌「ちゃぐりん」を、島内18小学校に1年間寄贈した。
同誌は、平成19年に箱崎地区女性部員の全国家の光大会出場を機に箱崎小学校に、図書ボランティアの読み聞かせなどの活用を目的に寄贈されたことがあり、学校から好評を得ていた。同誌が日本PTA全国協議会の推薦書であることから、女性部が「島内小学校でより活用して欲しい」と寄贈を要望した。
川﨑組合長は「子どもの時の記憶は強く残るものなので、この本を読んだことで、将来1人でも農業後継者になろうと思ってもらえたらうれしい。期間は一応1年間としたが、その後も継続するつもりだ」と話した。
5日、市教育委員会であった寄贈式で久保田良和教育長は「大変にありがたい。私も読ませて頂いたが、第1次産業の大切さがよく判る本になっている。壱岐が自給自足のできる良い島であることに、子どもたちが気が付いてくれると思う」と喜んだ。

 

関連記事

  1. 壱岐高「集落と古墳の関係」が優秀賞。全国高校生歴史フォーラム
  2. コロナ鎮静願い鏡開きも。壱岐大大神楽奉納。
  3. 壱岐市長選候補者② 武原 由里子候補(51=無所属・新)
  4. 壱岐高放送部がグランプリ NCCふるさとCM大賞
  5. 壱岐単独のガイドブック発行 「地球の歩き方JAPAN 島旅06 …
  6. 福岡市が博多駅~博多港間のロープウェー計画断念。本市の観光誘客に…
  7. 低炭素・水素社会の実現へ。東大先端科学研と連携協定。
  8. 「助けて!」の訓練。壱岐署が防犯教室。

おすすめ記事

  1. 自然農法のアイガモを放鳥 原の辻さなぶりの祭り
  2. 壱岐警察署で初イベント 白バイ試乗、音楽隊演奏
  3. 筒城浜の景観保全 筒城小児童らが除草

歴史・自然

PAGE TOP