地域情報

メダリストも 筒城に案山子ずらり

筒城小学校近くの学校園脇に案山子がずらりと並び、道行く人を楽しませている。

同校の児童や学校支援ボランティア「白砂の会」(山本富恵会長)などが毎年製作しており、今年は筒城まちづくり協議会も地域住民に呼びかけ22体を作り、計48体が田園風景を彩っている。

東京オリンピックがあった今年は、ラケットを持って金メダルをかけた卓球選手も登場登場している。

同まち協の集落支援員、江口博子さん(53)は「筒城の名物にしていきたい。毎年楽しみにしていただけたら」と話した。案山子は10月末まで飾られる予定で、夜は午後10時までライトアップされている。

関連記事

  1. 7蔵ブレンドで乾杯 条例制定を祝う
  2. 玄海原発再稼動に反対決議。市議会が全会一致で可決。3号機は23日…
  3. インターネット速度改善へ。通信施設整備に3300万円計上。市議会…
  4. レオパレス21壱岐コールセンターが24人求人 26、27日にセミ…
  5. 壱岐に寄付を!! ふるさと納税PR
  6. フェリー、JFを減便。経営ひっ迫の九州郵船。
  7. 小中学校にアジサイ寄贈。郷ノ浦町文化協会盆栽部会。
  8. 壱岐は島そのものが宝物 白川博一市長新春インタビュー

おすすめ記事

  1. プレミアム付き商品券 9日まで4庁舎で販売
  2. 本市が北海道東川町と協定 職員派遣で人口増の秘訣探る
  3. 民生委員・児童委員 90人に委嘱状を伝達

歴史・自然

PAGE TOP