地域情報

メダリストも 筒城に案山子ずらり

筒城小学校近くの学校園脇に案山子がずらりと並び、道行く人を楽しませている。

同校の児童や学校支援ボランティア「白砂の会」(山本富恵会長)などが毎年製作しており、今年は筒城まちづくり協議会も地域住民に呼びかけ22体を作り、計48体が田園風景を彩っている。

東京オリンピックがあった今年は、ラケットを持って金メダルをかけた卓球選手も登場登場している。

同まち協の集落支援員、江口博子さん(53)は「筒城の名物にしていきたい。毎年楽しみにしていただけたら」と話した。案山子は10月末まで飾られる予定で、夜は午後10時までライトアップされている。

関連記事

  1. 「そうなんだ」「わかる」女性に好感持たれる金言
  2. 需要減で減便 。九州郵船。
  3. 1年2組、2年3組が優勝。校内百人一首大会
  4. 漂着ゴミから環境考える 塩津浜でボランツーリズム
  5. 2千円の高級駅弁「壱岐弁」 旅行会社関係者270人にPR 
  6. 4月下旬リニューアルオープン。イルカパークを観光の目玉に。
  7. 産卵期の漁獲制限を!! マグロ資源を考える会
  8. 堀江貴文さんとIki-Biz森センター長が対談イベント。地方の豊…

おすすめ記事

  1. ジャガイモ「壱岐黄金」 平人営農組合が収穫祭
  2. 小島神社参道改修の支援募る 田河まち協と氏子会が連携
  3. 守時タツミピアノコンサート 22日 一支国博物館で開催

歴史・自然

PAGE TOP