地域情報

メダリストも 筒城に案山子ずらり

筒城小学校近くの学校園脇に案山子がずらりと並び、道行く人を楽しませている。

同校の児童や学校支援ボランティア「白砂の会」(山本富恵会長)などが毎年製作しており、今年は筒城まちづくり協議会も地域住民に呼びかけ22体を作り、計48体が田園風景を彩っている。

東京オリンピックがあった今年は、ラケットを持って金メダルをかけた卓球選手も登場登場している。

同まち協の集落支援員、江口博子さん(53)は「筒城の名物にしていきたい。毎年楽しみにしていただけたら」と話した。案山子は10月末まで飾られる予定で、夜は午後10時までライトアップされている。

関連記事

  1. 台風で外壁落ちる。旧交通ビル。
  2. 最優秀賞に高松さん、牧山さん。しまごと芸術祭絵画・写真展
  3. 福岡市が博多駅~博多港間のロープウェー計画断念。本市の観光誘客に…
  4. 2人の地域おこし協力隊員。情報発信に取り組む。
  5. 壱岐署に門松寄贈。盈科小交通少年団
  6. アスパラ生産にIT導入。SDGsは壱岐の未来予想図。自動運転車ド…
  7. 全国市町村で初の開設。スマートニュース壱岐ch
  8. 賑やかに壱岐雪州会総会開催 来年は100周年記念

おすすめ記事

  1. ジャンボサイコロ大会 柳田保育所児童も参加
  2. 昔の農機具で脱穀体験 古代米づくり収穫祭
  3. 日本最古イエネコ骨、線刻文字土器 「カラカミ遺跡の全貌展」で展示 1月9日まで 一支国博物館

歴史・自然

PAGE TOP