友だち追加

© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20164/8

壱岐市長選候補者② 武原 由里子候補(51=無所属・新)

武原 由里子候補(51=無所属・新)

<第一声>
 「2月12日から50日余り、島内をくまなく5百㌔近く歩き、多くの人に会って、大きな力をもらってきた。変えんといかんよ、いまのままじゃダメ、あんた頑張りなさい、と多くのおじいちゃん、おばあちゃんにパワーを頂いた。最初は名前も知られていなかったが、後半は相手から手を振ってもらえるようになり、力が沸いてきた」。
 「この島が子どもたちの笑顔であふれ、それを見た大人も笑顔になるよう島を元気にするためには、新しい風、女性の柔らかくしなやかな力が必要だ」。
 「2万8千人みんなが幸せになる町づくりをするため、1人1人の声を市政に反映させていく。市民がワクワクする壱岐市にするために戦っていく」。
<主な公約>
 ▽農畜産業・水産業で生活できる支援体制確立▽子どもを育てたくなる島に▽高齢者・障がい者・女性に優しい島づくり▽地元業者応援▽壱岐の「宝」を生かした観光振興▽ふるさと納税20億円▽弱い立場の声を聞く市長に。
<略歴>
 熊本県菊池市生まれ。熊本大学教育学部卒業。元小学校教諭。元市民団体代表。元県男女共同参画推進委員。
武原由里子候補

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

202110/25

今季初のインフルエンザ感染者 コロナとの同時流行を懸念 県内の第1号 昨季は市内ゼロ

新型コロナ禍にインフルエンザの脅威も加わってきた。壱岐保健所は11日、第40週(4~10日)の感染症速報を発表。この期間に県内で今シーズン初…

202110/25

名所巡るトレッキング 箱崎まち協がコース作成

箱崎まちづくり協議会(浦川隆会長)は、観光客の増加や健康増進を目的に、同地区を巡るトレッキングコースを作成。来年4月のオープンを前に17日、…

202110/25

「夢はその時々で変わっていく」 Vファーレン・小柳さんが授業

Vファーレン長崎は11日、ホームタウン活動の一環で田河小学校で特別授業「V‐DREAM」を開き、普及インストラクターで元Vファーレン選手の前…

202110/18

壱岐高が優秀賞受賞 全国高校生歴史ファーラム

歴史論文の全国大会である第15回全国高校生歴史フォーラム(奈良大学、奈良県主催)の研究レポートの審査結果が8日に発表され、壱岐高校東アジア歴…

ページ上部へ戻る