地域情報

子どもの数 過去最少3193人。

県はこのほど、県内の子ども(15歳未満)数を発表。16万2379人で前年から3118人減り、過去最少になったことがわかった。本市は3月末現在、3193人で、前年に比べ108人減り、記録が残る基準日の比較では過去最少となった。

子どもの数は同30年の1万8585人から60年には9407人に半減。減少の一途をたどっている。総人口に占める子どもの割合は、昭和30年は36%だったが、平成27年14%、今年は12・5%に減少している。

一方、65歳以上の高齢者の数は、昭和30年には3757人、同60年6053人、平成27年9615人、今年は9771人で総人口に占める割合は38・2%だった。
※人口は昭和30年~平成27年は国勢調査、それ以降は住民基本台帳をもとに計算。

関連記事

  1. イカ釣り船が火災 海豚鼻沖合
  2. 「夢はその時々で変わっていく」 Vファーレン・小柳さんが授業
  3. 九州政財界トップが集結。長崎IRを九州一体で支援。九州知事会議・…
  4. 需要減で減便 。九州郵船。
  5. 「壱岐のこころ」が受賞。長崎県福祉のまちづくり賞。
  6. 壱岐市長選は三つ巴の見込み 4月3日告示、10日投開票
  7. 色とりどりの「さつき展」芦辺町文化協会盆栽部 
  8. 野犬問題に質問相次ぐ。捕獲の半数以上は子犬。市議会9月会議決算特…

おすすめ記事

  1. ジャンボサイコロ大会 柳田保育所児童も参加
  2. 昔の農機具で脱穀体験 古代米づくり収穫祭
  3. 日本最古イエネコ骨、線刻文字土器 「カラカミ遺跡の全貌展」で展示 1月9日まで 一支国博物館

歴史・自然

PAGE TOP