友だち追加

© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

201512/15

渡良Aが16年ぶり優勝 好記録続出の小学生駅伝

第17回壱岐ロータリークラブ小学生駅伝大会が6日、筒城浜ふれあい広場周回コース(6区間5・7㌔=1・6区1・05㌔、2~5区0・9㌔)で開催され、市内18校から31チームが出場。気温11・9℃、好天・微風という絶好の条件の中、渡良Aが18分04秒の大会新記録(従来の記録は平成25年鯨伏の18分11秒)で、第1回大会以来16年ぶり2度目の優勝を果たした。区間記録を4選手が更新するハイレベルな戦いとなった。
渡良Aは、1区竹下莉央(6年)から3位でタスキを受けた2区長門虎太郎(6年)が2分36秒の区間新で首位に立った。3区西茉南花(まなか=6年)は田河Aに逆転を許したが、4区竹下紘夢(4年)も2分43秒の区間新で再びトップ。5区竹下真愛(5年)が再度田河Aに抜かれたが、妹からタスキを受け取った6区竹下大貴(6年)が、残り3百㍍の地点で逃げる田河A・井手を捉え、芝生コースに入った最後の直線で差を広げ、1番ポーズでゴールテープを切った。
竹下大は「去年は2区で区間5位。今年は6区で距離が延びるのが不安でしたが、(妹の)真愛(まひろ)が粘って2秒差でつないでくれたので、絶対に抜こうと思って走りました。毎日2㌔を走る練習を続けてきた甲斐がありました」と喜んだ。
詳細成績などは12月18日号に掲載。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20215/3

長岡秀星展Ⅱがスタート。壱岐育ちの世界的イラストレーター。

一支国博物館の第54回特別企画展「長岡秀星Ⅱ」が23日に同館1階テーマ展示室で始まった。同館での長岡秀星の作品展は2016年11月の「追悼展…

20215/3

5月末発売へ最終調整。壱岐の蔵酒造のクラフトジン。

壱岐の蔵酒造(石橋福太郎代表取締役)は20日、温泉旅館壱岐リトリート海里村上(大田誠一総支配人)と共同開発しているクラフトジンの商品化に向け…

20215/3

JA壱岐市初の独自加工商品。壱岐牛シリーズ7品目を販売。

JA壱岐市は初めてのオリジナルブランド商品「壱岐牛シリーズ」7商品を5月から販売する。 名門料理学校ル・コルドン・ブルー・パリで学び、…

20214/26

紫色あざやかに。弁天崎公園のフジが満開。

郷ノ浦町の弁天崎公園内のフジが見頃を迎え、公園をウォーキングする市民が足を止めて見入っている。公園中ほどに設けられたフジ棚から紫色の花を無数…

ページ上部へ戻る