スポーツ

女子ソフトボール 壱岐商がベスト4

ソフトボールの第37回長崎県高校選手権春季大会が4月25、26日に南島原市の有家総合運動公園で行われ、女子1回戦で壱岐は口加を7‐4、壱岐商は活水を10‐5で破り、ともに2回戦に進出した。
2回戦はその壱岐勢両校が激突し、10‐1で壱岐商が快勝した。
壱岐商は準決勝で長崎商に0-10で敗れたが、2年連続でベスト4入りを果たした。優勝は長崎商だった。

関連記事

  1. 田中亜可梨が27年ぶりに大会記録更新 中体連女子千五百メートル
  2. 市中体連陸上競技男子写真
  3. 282人で百人一首大会 壱岐高・虹の原分教室
  4. 初夏の壱岐路を疾走 サイクルフェスに615人
  5. 壱岐高放送部が全国大会出場 ラジオドキュメント番組「喋っちみなー…
  6. 女子バスケットのトップチーム「三菱電機コアラーズ」が壱岐合宿。
  7. 田川和平さんを表彰 防犯に多大な功労
  8. 壱岐島の銘木・巨樹 林業研究同志会発刊

おすすめ記事

  1. 元軍の「石弾」を展示 元寇750年 県埋文センター
  2. 詐欺被害と予兆多発、注意! 県内上半期被害70件
  3. 守時タツミコンサート 「風そよぐ」など13曲を披露

歴史・自然

PAGE TOP