スポーツ

女子ソフトボール 壱岐商がベスト4

ソフトボールの第37回長崎県高校選手権春季大会が4月25、26日に南島原市の有家総合運動公園で行われ、女子1回戦で壱岐は口加を7‐4、壱岐商は活水を10‐5で破り、ともに2回戦に進出した。
2回戦はその壱岐勢両校が激突し、10‐1で壱岐商が快勝した。
壱岐商は準決勝で長崎商に0-10で敗れたが、2年連続でベスト4入りを果たした。優勝は長崎商だった。

関連記事

  1. 産卵期の漁獲制限を!! マグロ資源を考える会
  2. 旧石器時代の遺物発掘 原の辻遺跡南側
  3. 九州大会で揮毫(きごう) 壱岐高2年、山内樹人さん
  4. 3競技に163人出場 青少年武道大会
  5. 警察業務に関心 中学生が職場体験
  6. 山内賢明さんが受賞 離島振興60周年表彰
  7. 里吉漣が最優秀選手賞。全壱岐少年少女空手道大会。
  8. 勝本が逆転で優勝。中学女子ソフトボール

おすすめ記事

  1. ジャンボサイコロ大会 柳田保育所児童も参加
  2. 昔の農機具で脱穀体験 古代米づくり収穫祭
  3. 日本最古イエネコ骨、線刻文字土器 「カラカミ遺跡の全貌展」で展示 1月9日まで 一支国博物館

歴史・自然

PAGE TOP