スポーツ

女子ソフトボール 壱岐商がベスト4

ソフトボールの第37回長崎県高校選手権春季大会が4月25、26日に南島原市の有家総合運動公園で行われ、女子1回戦で壱岐は口加を7‐4、壱岐商は活水を10‐5で破り、ともに2回戦に進出した。
2回戦はその壱岐勢両校が激突し、10‐1で壱岐商が快勝した。
壱岐商は準決勝で長崎商に0-10で敗れたが、2年連続でベスト4入りを果たした。優勝は長崎商だった。

関連記事

  1. 壱岐国牛まつりが30周年
  2. 壱岐が18年ぶりベスト8。準々決勝で鹿町工に敗退。県高等学校野球…
  3. 重家酒造がミラノ万博に出品 純米大吟醸「横山五十」で世界へ
  4. 伝統文化を体験 華道、茶道、着付け
  5. 「国境の島 壱岐・対馬」が日本遺産認定 大陸との交流物語る壱岐の…
  6. 3校連合は準々決勝敗退 大崎に8‐1も堂々のベスト8
  7. 手作り葦船発進 八幡小児童が製作
  8. 小中学生絵画展 小金丸記念館

おすすめ記事

  1. どれだけ勉強しているかが判断材料
  2. 協力隊員に名子さん、林さん ―海の資源回復担当―
  3. 司馬遼太郎の足跡たどる 一支国博物館がバスツアー

歴史・自然

PAGE TOP