地域情報

湯ノ本温泉・平山旅館が日本秘湯を守る会に加盟

勝本町湯ノ本温泉の平山旅館(1947年創業、平山宏美代表)が1日、「日本秘湯を守る会」の会員宿に登録された。県内では雲仙市小浜町の旅館國崎に次いで2軒目、九州では15軒目の登録。
同会は日本の温泉の良さを保ち、環境保全に努める経営理念の下、交通の不便な温泉宿33軒で75年に設立。現在179軒が登録し、会員宿に期間内10回宿泊すると無料宿泊券を受け取れるサービスを実施。券の利用者は年間約1万4千人いる。
同旅館は昨年夏に推薦を受け、本部役員らが視察。「千年以上続く温泉の歴史を守っている」「センサーにより湯量のくみ上げを調節し、無駄な垂れ流しをしていない」「熱交換で発生するエネルギーで水道水を温め皿洗いなどに使用し、環境に配慮」などが評価。「離島は秘湯と同様に交通アクセスが悪い」ことも考慮されて、正会員と認められた。
若女将の平山真希子さんは「九州は秘湯の宿が少なく、しかも離島の温泉は珍しい。同会のファンに壱岐に来てもらうことで、来島者が夏の3分の1の冬場の活性化につながるのではないか」と期待を膨らませている。

 

関連記事

  1. エヴァンゲリオン×焼酎 壱岐の島オリジナルラベル
  2. 壱岐高放送部が最優秀賞。県献血推進CMコンテスト。
  3. 市庁舎建設の賛否を問う住民投票告示 26日投開票
  4. 運賃低廉化に8337万円。新年度一般会計当初予算案
  5. 長岡秀星さんが死去 世界的イラストレーター
  6. お宝通り命名 お宝地蔵大祭
  7. パラ五輪銀・道下美里さんが講演。壱岐ロータリークラブ創立50周年…
  8. 幻想的な光のショー ホタルの乱舞が始まる

おすすめ記事

  1. プレミアム付き商品券 9日まで4庁舎で販売
  2. 本市が北海道東川町と協定 職員派遣で人口増の秘訣探る
  3. 民生委員・児童委員 90人に委嘱状を伝達

歴史・自然

PAGE TOP