友だち追加

© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

長岡秀星さんが死去 世界的イラストレーター

長崎市出身で、郷ノ浦町で育った世界的イラストレーターの長岡秀星(ながおか・しゅうせい、本名・秀三=しゅうぞう)さんが6月23日、心筋梗塞のため神奈川県小田原市の病院で死去した。78歳だった。
長岡さんは1945年、8歳の時に疎開で父の出身地である郷ノ浦町に移り、壱岐高校を卒業。壱岐高3年時に、小学館の雑誌「中学生の友」の挿絵に投稿して採用されたことなどから、武蔵野美術大学に進学。コマーシャルアーティストの道へ進んだ。
70年に渡米し、ハリウッドにアートスタジオ設立。カーペンターズ、アースウインド&ファイヤーなどアーティストのアルバムジャケットをデザインするなど、宇宙やSFをイメージする作品で世界的な活躍をした。
壱岐に対しての愛着も厚く、99年に母校・壱岐高校に原画7点を寄贈。作品の一部は同校正面玄関前に飾られている。2002年にはアースウインド&ファイヤーのヒットアルバム「太陽神」のジャケット原画、ロシアの宇宙ステーション・ミールで宇宙を旅した「宇宙賛歌」などの作品131点を、芦辺町の建設会社に譲渡した。また壱岐の蔵酒造の焼酎「壱岐っ娘」のラベルは市民に親しまれている。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20221/17

雲一つない初日の出 博物館に観望客百人

一支国博物館屋上芝生広場、展望室で1日、新年恒例の初日の出観望会が行われた。新型コロナの第6波が全国的に拡大しているため、島外からの初日の出…

20221/17

「挑戦し続けます」 成人式で誓い新た

市成人式が9日、壱岐の島ホールであり、新成人の対象者261人のうち230人が出席。成人としての誓いを新たにした。 式では白川博一市長が…

20221/17

地鎮祭の跡も? 発掘現場で説明会 埋文センター

県埋蔵文化財センターはこのほど、本年度発掘調査現地説明会を原の辻遺跡北側の閨繰(みやくり)地区近くの調査現場で開いた。 市民約30人が…

20221/3

壱岐署玄関に門松寄贈 綿井さんと盈科小交通少年団

地域防犯リーダーの綿井信久さん(71)と盈科小学校交通少年団のメンバーらが24日、壱岐警察署に手作りの門松1対を寄贈。玄関前に飾った。 …

ページ上部へ戻る