地域情報

初山・渡良保育所が来年度休園 1年前倒しで実質的閉園措置 入所調整で希望者ゼロ

へき地保育所の市立初山保育所、渡良保育所の2園(ともに園長は山口寿美枝武生水保育所園長)が、今年3月末で実質的に閉園されることが明らかになった。市議会定例会2月会議冒頭で白川博一市長が令和5年度保育施設の申し込み状況を示した上で「初山、渡良保育所は入所調整の結果、5年度から休園の措置を取ることとなった」と発表した。この2園は沼津保育所とともに令和5年度末(6年3月末)で閉園する方針が示されており、5年度の休園は実質的に1年前倒しでの閉園措置となる。初山保育所は昭和41年5月1日設置、渡良保育所は同37年5月1日設置で、それぞれ57年、61年の歴史に幕を閉じることになる。

関連記事

  1. 東京で「壱岐カフェ」開催 独身女性14人に壱岐の魅力紹介
  2. 松田脩生さんは全国優勝 中国語コンテスト壱岐高6人入賞
  3. 17日間の中国語研修から帰国 壱岐高東アジア・中国語コース14人…
  4. 牡蠣三昧の1日。黄金岩がき祭り
  5. 国内初の農業版マルチワーカー JAが特定地域づくり事業協組設立
  6. 天の川、山乃守が金賞 福岡国税局酒類鑑評会
  7. 事業評価Aは3事業 地方創生推進交付金
  8. 壱岐産酒米で日本酒づくりを。酒造好適米「山田錦」を栽培。重家酒造…

おすすめ記事

  1. 壱岐市がグランプリ受賞 脱炭素チャレンジカップ
  2. 弥生人の生活伝える石製品 原の辻ガイダンスで企画展
  3. 市の総合計画って何? 策定前に市民有志が勉強会

歴史・自然

PAGE TOP