© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20201/3

川下さんが聖火ランナー。1.8㌔を8人でリレー。

県は12月17日、県内をリレーする東京オリンピック聖火ランナーの一部、43人を発表。本市の走者に川下和明さん(40=JF郷ノ浦)が選出された。他市町では、佐世保市でキャスターの草野仁さん(76)、東彼杵町で女優の仲里依紗さん(30)、佐世保市で元プロ野球選手の城島健司さん(43)、島原市で女優の宮㟢香蓮さんらが選ばれている。

長崎県で聖火リレーが行われるのは5月8、9日で、壱岐市は8日。雲仙市のリレーが終わった直後に原の辻ガイダンス前で、あらかじめランタンで運ばれていた「子どもの火」からトーチに着火され、一支国博物館までの約1・8㌔を、トーチを持った8人のランナーがリレーしながら走る。走破後は新上五島町での聖火リレーにつなげていく。1人のランナーが走るのは約200㍍、2分間程度となる。本市の聖火リレーの時間は、それまでの進行によって未定だが、午後1時から2時ごろにスタートすることになりそうだ。

川下さんは一昨年の第3回壱岐ウルトラマラソン100㌔で、地元勢初の優勝を飾るなど、壱岐の陸上界を常に牽引している存在で、市の推薦により選定された。聖火ランナーは県の実行委員会選定以外に、東京五輪オフィシャルスポンサーでも募集されており、本市は川下さん以外にはまだ発表されていない。川下さんは「オリンピックの聖火ランナーなんて、おそらく生涯で一度だけのことなので、選んで頂けたことを本当に光栄に思っている」と選定を喜んだ。

中学時代から長距離ランナーとして卓越した能力を見せていたが「オリンピックを意識したことなどなかった。夢は箱根駅伝を走ることで、オリンピックは夢のまた夢だった。マラソンの瀬古選手には憧れていたが、雲の上の人だった。そのオリンピックに、聖火ランナーという形でも参加できることは感激だ。でも、いまの壱岐の子どもたちにとっては、オリンピック出場は決して夢ではないと思う。その子どもたちに、聖火ランナーを見ることで、オリンピックを身近なものとして感じてもらえたら嬉しい」と話した。5月8日は平日(金曜)だが、「子どもたちが見られるようにできないものでしょうか」と要望した。

東京五輪は「やはり長距離種目に注目している。仕事で見られない時間は、全部録画する。東京パラリンピックの視覚障害女子マラソンには、壱岐合宿の時に一緒に走った道下美里さんが出場する。リオパラリンピックは銀メダルだったので、今度こそ金メダルを取ってもらいたい」と全力で応援する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20204/3

市長職務代理を中止

白川博一市長は1日、任期満了に伴う市長選挙のため5日から12日まで予定していた眞鍋陽晃副市長への市長職務の代理を取り止めることを発表した。本…

20204/3

記録的な大雨を観測。国道沿いの斜面が崩落。

3月26日から27日にかけて日本海上空にある前線を伴った低気圧に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、九州北部は大気の状態が不安定となり、3月…

20204/3

疫病退散の願いを。原の辻で鬼凧揚げ。

好天に恵まれた3連休中の3月21日、原の辻王都復元公園の上空に8枚の鬼凧が優雅に舞った。春休みの帰省客ら数組も、遠くから凧の姿を見つけ、見物…

20204/3

市長選候補が討論会。テレビ、ラジオで放送。

活性壱岐討論会実行委員会(米倉真吾実行委員長=市商工会青年部、JA壱岐市青年部、市観光連盟青年部で構成)は3日午後7時から壱岐の島ホール中ホ…

ページ上部へ戻る