地域情報

大大神楽で有終舞台。福刻パラノイア

1年間の御神恩に感謝を捧げる壱岐大大神楽奉納が20日、芦辺町の住吉神社で、約7時間にわたって行われた。700年の伝統を誇る国指定重要無形文化財で、12人以上の神職のみで舞われるのが特徴。住吉神社は鮮やかなライティングやLEDキャンドルで幻想的に彩られ、多くの見物客が拝観した。

境内では神楽の休憩時間を利用して、福岡県を拠点に活動している神社ガールズバンド「福刻(ふっこく)パラノイア」がライブステージを行った。壱岐大大神楽のステージは昨年に続いて2度目で、昨年は雨天のため室内(住吉会館)での実施だったが、今年は屋外にステージを組んだ本格的な野外ライブで「福刻神楽」「赤音色」など6曲を披露した。

同バンドが壱岐を訪問するのは7回目、ライブは5回目とすっかり市民にもファンが増えたが、1月末での解散が決まっており、今回が壱岐での最後のライブとなった。ボーカルの神道楓は「壱岐の皆さんには本当に良くしてもらった。最後が大大神楽の舞台で歌えたことが嬉しい。少しでも、皆さんの心の岩戸を開くことができたのではないでしょうか」と名残惜しそうな表情で、ステージを後にした。

関連記事

  1. フラ・パーティーに80人参加 筒城浜で情熱的な一夜
  2. サービスセンター開所 レオパレス21
  3. 定数16に20人が立候補。壱岐市議会議員選挙30日投開票。
  4. 6種目で1級合格の快挙。壱岐商3年品川未歩さん。
  5. 今年も合宿オーディション。BiSHメンバーも参加。
  6. 木桶の蓋から古文書。明治の生活色濃く。重家酒造。
  7. 後藤麻希子アナが加入 市ケーブルテレビ
  8. 海保長官表彰など。2人に表彰伝達。

おすすめ記事

  1. ジャンボサイコロ大会 柳田保育所児童も参加
  2. 昔の農機具で脱穀体験 古代米づくり収穫祭
  3. 日本最古イエネコ骨、線刻文字土器 「カラカミ遺跡の全貌展」で展示 1月9日まで 一支国博物館

歴史・自然

PAGE TOP