© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

201811/23

瀬戸小でワークショップ。公演「星の王子さま」。

文化庁の「文化芸術による子供の育成事業~巡回公演事業~」で、12月10日に瀬戸小学校(末永統子校長、72人)で東京演劇集団風によるミュージカル公演「星の王子さま」が上演されることが決まり、本公演に先立ちこのほど、同校でワークショップが開かれた。

同劇団から「星の王子さま」の構成・演出を手掛ける浅野佳成監督と4人の俳優が来校。本番で児童が役者と一緒に演じるクライマックス場面などの演技、セリフ、歌を、役者らの指導の下、稽古した。最初は恥ずかしそうにしていた子どもたちも、役者たちと一緒に大きな声を出しているうちに、次第に作品の世界に引き込まれていく様子だった。

同劇団は「星の王子さま」を1989年の初演から1700ステージも上演しており、2014年からは九州北部地域を巡演している。本番は11月10日の福岡市からスタートしており、瀬戸小学校の公演はその巡演のラストを飾る。浅野監督は「作者のテグジュペリは世界平和のためにパイロットになったが、第二次世界大戦に召集されてしまう。この作品はその大戦の最中に遺書として書かれた作品。目で見えているものだけを見ていてはダメで、人間の心で見えるものが大切だと語っている。作品を鑑賞する子どもたちが、人間の本来持っている豊かさを発見し、劇団とともに舞台を作り上げていくなかで、心を揺り動かす経験、学校での思い出が生まれてくることを期待したい」と話した。

榎本理乃さん(6年)は「大きな声を出して笑うことで、楽しさを人に伝えられることが判った。歌は苦手だけど、12月の本番までにもっと練習をして、楽しい作品を作っていきたい」と本番で役者たちと一緒に作品を披露することを楽しみにしていた。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20192/22

木のぬくもりと明るさ特徴。特養「壱岐のこころ」内覧会。

勝本町布気触の旧鯨伏小学校跡地に建設中だった社会福祉法人壱心会(岩永城児理事長)の特別養護老人ホーム「壱岐のこころ」(山内一也施設長)の開所…

20192/22

観光客が求める体験型メニューは。

県観光連盟が実証実験として販売している「長崎しま旅わくわく乗船券」の売れ行きが不振だと、長崎新聞に掲載された。昨年10月末の販売開始から今年…

20192/22

県内数人の快挙!壱岐商初の全商7種目1級合格。情報処理科3年、山口愛実さん。

壱岐商業高校(長池純寛校長、271人)の山口愛実(あみ)さん(情報処理科3年=芦辺中出身)が、昭和24年(1949年)の同校創設以来初めての…

20192/15

移住促進の拠点施設「たちまち」オープン。

芦辺町芦辺浦に9日、市民団体「たちまち」による移住交流拠点施設がオープンし、壱岐市と「芦辺浦地区における移住促進ならびに空き家の活用推進に関…

20192/15

唐津市との連携強化を。

唐津市のJR唐津駅近くに、今年7月までに複合商業施設がオープンする。「唐津新天町パティオ街区再開発プロジェクト」と題されたまちづくり計画で建…

ページ上部へ戻る