© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

201811/23

瀬戸小でワークショップ。公演「星の王子さま」。

文化庁の「文化芸術による子供の育成事業~巡回公演事業~」で、12月10日に瀬戸小学校(末永統子校長、72人)で東京演劇集団風によるミュージカル公演「星の王子さま」が上演されることが決まり、本公演に先立ちこのほど、同校でワークショップが開かれた。

同劇団から「星の王子さま」の構成・演出を手掛ける浅野佳成監督と4人の俳優が来校。本番で児童が役者と一緒に演じるクライマックス場面などの演技、セリフ、歌を、役者らの指導の下、稽古した。最初は恥ずかしそうにしていた子どもたちも、役者たちと一緒に大きな声を出しているうちに、次第に作品の世界に引き込まれていく様子だった。

同劇団は「星の王子さま」を1989年の初演から1700ステージも上演しており、2014年からは九州北部地域を巡演している。本番は11月10日の福岡市からスタートしており、瀬戸小学校の公演はその巡演のラストを飾る。浅野監督は「作者のテグジュペリは世界平和のためにパイロットになったが、第二次世界大戦に召集されてしまう。この作品はその大戦の最中に遺書として書かれた作品。目で見えているものだけを見ていてはダメで、人間の心で見えるものが大切だと語っている。作品を鑑賞する子どもたちが、人間の本来持っている豊かさを発見し、劇団とともに舞台を作り上げていくなかで、心を揺り動かす経験、学校での思い出が生まれてくることを期待したい」と話した。

榎本理乃さん(6年)は「大きな声を出して笑うことで、楽しさを人に伝えられることが判った。歌は苦手だけど、12月の本番までにもっと練習をして、楽しい作品を作っていきたい」と本番で役者たちと一緒に作品を披露することを楽しみにしていた。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20194/19

6人が30年度活動成果報告。市地域おこし協力隊員

本市で地域おこし協力隊員として活動中の6隊員(梅田はつみ、山内裕介、島居英史、市原未湖、中村陽子、小林伸行さん)が6日、壱岐の島ホールで平成…

20194/19

地域の力で自殺防止を。

市はこのほど、「壱岐市いのち支える自殺対策計画」を発表した。 全国的な自殺者数は平成10年に3万人を超え、23年までは3万人以上という…

20194/19

「豊富な資源を一方向へ」~国、県予算の有効活用を主導。黒﨑振興局長インタビュー

4月1日付けで大㟢義郎局長に代わって、黒﨑勇局長(56)が壱岐振興局に着任した。壱岐市への赴任は初めてだが、市町村課市町村合併推進室、合併・…

20194/12

チューリップが満開。桜とともに花見。

壱岐の風物詩、半城湾のチューリップ畑が、桜の満開とほぼ同時に開花のピークを迎えている。 畑は郷ノ浦町庄触の牧永護さんの敷地で、牧永さん…

20194/12

壱岐と「令和」のつながり。

新元号の「令和」の典拠は「万葉集」の巻5、梅花の歌三十二首の序文とされ、初めて日本の古典から選定されたと話題になっている。壱岐島は同じ日本の…

ページ上部へ戻る