© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

201810/26

女子100㌔は東さんが優勝。女子出場選手初の10時間切り。第3回壱岐ウルトラマラソン

壱岐ウルトラマラソン100㌔女子は東美香さん(43=福岡県北九州市)が初めてのウルトラマラソン挑戦で9時間39分23秒をマークして見事に優勝した。壱岐のコースで女子が10時間を切ったのは、第1回ゲストランナーの望月千幸さん(9時間02分14秒)を除くと、出場選手では初めてだった。東さんはフルマラソンでは3時間03分33秒の自己ベストがあり、防府読売、別府大分毎日マラソン出場など経験が豊富だが、「100㌔で優勝なんてまったく考えていなかったので、信じられない。30㌔過ぎに女子の先頭に立ったが、42㌔以上の距離は未知数だったので、慎重にレースを進めた。壱岐のコースは景色が素晴らしいと噂を聞いていたので、走ってみたいと思っていた。噂通りに美しいコースだったが、きつさも想像以上だった。最後の上りは多少歩きながら、何とか克服した。目標だった10時間切りもでき、最高の1日になった」と喜びを語った。

男子50㌔は、初出場の中村卓也さん(33=福岡市)が2位に16分差をつけて優勝した。3時間18分45秒のタイムは、昨年の優勝タイムを3分近く更新する大会新記録だった。中村さんはフルマラソンで福岡マラソン4位、福岡国際マラソンや別府大分毎日マラソンなどのメジャー大会にも出場。2015年には隠岐の島ウルトラマラソン100㌔で優勝、昨年も山口県のJAL向津具ダブルマラソン(84・39㌔)で優勝するなど、ウルトラマラソンでも輝かしい実績を残している。中村さんは「子どもたちに『優勝してくるからな』と約束していたので、守れて良かった。じつは10日後に3人目の子どもが生まれる予定で、レースにはなかなか出にくい状況だったが、日帰りできる場所なら大丈夫だと思い壱岐のレースに出場することにした」と出場の動機を話した。「原の辻復元公園の建物が楽しかったし、日本海の荒波も体験できた。後半は沿道の子供たちとタッチをしながら走った」と13㌔地点で先頭に立つと、あとは独走状態だった。「来年はぜひ100㌔に挑戦したい」とすっかり壱岐のコースに魅了された様子だった。

50㌔女子優勝の宮川由香さん(54=長崎市)は2位に約45分もの大差をつけたが、苦しそうにレースを振り返った。「途中で足がつって走れなくなってしまったし、最後の坂ではもう精一杯。ゴール前も足が動かなかった。昨年は4時間48分台で4位だったので、その順位と記録を上回ることが目標だった。4時間38分10秒のタイムで目標クリアできてホッとしている。100㌔を走る人は尊敬している。来年までに鍛えて、何とか私も挑戦してみたい」と新たな目標を掲げた。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20191/18

新春マラソンに1817人出走。ハーフ男子は川谷勇貴さん優勝。

第33回壱岐の島新春マラソン大会(同実行委員会主催)が13日、芦辺・ふれあい広場を発着とする特設コースで開かれ、6部門33種目に延べ1817…

20191/18

壱岐の「本物」育成が必要。

年末年始は仕事以外は外出せずに、テレビを観る時間が多かった。動画のネット配信に押され気味だと言われているテレビだが、見応えのある番組もあった…

20191/18

こどもセンターの事業充実を。子育てサークル4団体が要望。

「子育ての島・壱岐」の充実に、保護者たちが立ち上がった。市内子育てサークルの「おひさま」「さくらんぼ」「たんぽぽの会」「笑(えみ)」の4団体…

20191/4

4月下旬リニューアルオープン。イルカパークを観光の目玉に。

昨年12月14日からリニューアル工事のため休園している壱岐イルカパーク(勝本町)が、GW前の4月下旬に営業を再開する。運営は壱岐パークマネジ…

20191/4

胸熱くした田中さんの疾走。

12月23日に京都市で行われた第30回全国高校女子駅伝に長崎県代表として初出場した長崎商業高校のキャプテンとして、芦辺中学出身の田中亜可梨さ…

ページ上部へ戻る