地域情報

7蔵ブレンドで乾杯 条例制定を祝う

乾杯条例(7蔵ブレンド壱岐焼酎で乾杯)

國酒「壱岐焼酎による乾杯を推進する条例」制定記念大会(県酒造組合、壱岐酒造協同組合主催)が13日、ホテルステラコート太安閣で行われた。
政府が清酒・本格焼酎&泡盛を「國酒」として官民一体となって国内外に推進しているなか、9月27日の壱岐市議会で同条例が可決されたことを受け、「壱岐の蔵元7社がお互いに切磋琢磨し、島の活性化と交流人口増大を図り、壱岐市、壱岐焼酎の知名度アップに取り組む決意」を示す大会となった。
式の冒頭で国税庁感謝状を贈呈された県酒造組合会長を務める玄海酒造・山内賢明会長は「壱岐市民が愛し、育てた壱岐焼酎の名声を、國酒としてさらに世界へ広めることを誓う」と宣言。白川博一市長らとともに、7蔵の焼酎をブレンドして作られた特製焼酎の樽を鏡開きし、150人の出席者全員が声を合わせて「乾杯」を行った。
また平成25年度福岡国税局酒類鑑評会の表彰式が7日に行われ、「本格しょうちゅうの部」で壱岐から「壱岐の島伝匠」(壱岐の蔵)、「初代嘉助」(壱岐の華)、「潮騒の詩」(猿川伊豆)、「山乃守」(山の守)の4銘柄が金賞を受賞した。同部門は148点の出品があり、大賞1銘柄、金賞は17銘柄だった。
「壱岐の華」の長田浩義社長は「5年連続7回目の受賞となりました。麦らしい原料特性と芳醇な香りに加え、なめらかさ、適度な甘さを有しているとの評価を頂きました」と受賞を喜んだ。

乾杯条例(7蔵ブレンド壱岐焼酎を鏡開き)

 

関連記事

  1. 5百羽のツル大群が飛来 春告げる北帰行が本格化
  2. 国内初の農業版マルチワーカー JAが特定地域づくり事業協組設立
  3. 壱岐高男子バレーボールで3回戦進出 県高校春季大会
  4. 満席の会場は爆笑の渦。三遊亭歌之介独演会
  5. 9人目の地域おこし協力隊員。いきっこ留学担当・大森さん。
  6. 幸福の使者コウノトリ飛来 但馬との友好関係を深める
  7. 壱岐くるTシャツ 福岡のちょっと上(赤)
  8. クラフトビール製造へ準備。「勝本、壱岐を盛り上げたい」。原田酒造…

おすすめ記事

  1. ジャンボサイコロ大会 柳田保育所児童も参加
  2. 昔の農機具で脱穀体験 古代米づくり収穫祭
  3. 日本最古イエネコ骨、線刻文字土器 「カラカミ遺跡の全貌展」で展示 1月9日まで 一支国博物館

歴史・自然

PAGE TOP