友だち追加

© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20186/15

561人が壱岐路を疾走。第30回サイクルフェスティバル

壱岐サイクルフェスティバル(第30回壱岐サイクルロードレース、同壱岐チャレンジロードレース、第18回壱岐ジュニアチャレンジロードレース)が10日、市内の特設コースで開かれ、12部門に昨年より69人少ない561人が出場し、544人が完走した。第1回からのエントリー数はトータルで1万6265人と1万6千人を突破した。

例年は6月第1日曜に開催していたが、今年は1~3日が牛市と重なりトラックなどが多くなるため、第2日曜の開催となった。そのため他県大会との重複があり参加者は減少したが、入梅後にもかかわらず好天に恵まれ、最大瞬間風速こそ13・8㍍と風は強かったものの、最高気温は22・1℃と上々のレースコンディションとなった。

落車、脱水症で2人が救急搬送されたが、入院はしなかった。コース内のカーブ部分には交通標識などに毛布を巻き、道路の段差はゴムマットを敷くなど大会主催者の準備も実を結び、大きな事故は起こらなかった。

同タイム1、2着。エリート50㌔

エリート(EL、日本自転車競技連盟所属選手など)50㌔は、これまで4度優勝している昨年の覇者・白石真吾さん(山口)が他大会との兼ね合いで出走できず、その白石さんと昨年はゴール前まで競り合いを演じた2位加藤達也さん(26=福岡)、3位岩切弘輝さん(33=大分)が、スタートから先頭集団を引っ張り、後半はマッチレースを演じた。

大谷公園裏の最後の急坂を加藤さんがやや先行して入ったが、岩切さんも必死の形相で食い下がる。ゴール板直前で、岩切さんがわずかタイヤ半分ほどだけ差してゴール。3回目の出場で初優勝を飾った。2人とも1時間22分04秒の同タイム。50㌔を走って最後は十数センチ差という、自転車競技の醍醐味を存分に見せ付けるレースとなった。

岩切さんは「残り20㌔で加藤さんと2人になり、2人で(逃げと2番手の)ローテーションを回しながらレースをした。加藤さんが強いのは十分に分かっていたが、自分の得意なレース展開に持ち込めたのが勝因だと思う。風は強かったが、最後の20㌔は追い風だったので助かった」と喜びを語った。2位に敗れた加藤さんは「これで壱岐では5回目の2位(11、12、13、17、18年。同タイム2位は12年に続いて2回目)。残り数㍍まではリードしていたのだけど。来年、何とか雪辱したい」とリベンジを誓った。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20229/19

都道府県対抗中学バレー 県選抜に 郷ノ浦3年、松山凌大さん

第36回全国都道府県対抗中学バレーボール大会(12月25~28日、大阪市)に出場する県選抜選手に、郷ノ浦3年、松山凌大さんが選出された。本市…

20229/19

市内最大「山川家のエノキ」 台風の強風で折れる

台風11号の強風で、郷ノ浦町平人触の市指定天然記念物「山川家のエノキ」が折れているのが見つかった。 所有者の男性が、6日朝に家周辺を見回っ…

20229/19

海を眺めて朝ごはん 市民ら壱岐の食材に舌鼓

勝本浦まちづくり協議会主催の「朝市であさごはん」が11日、黒瀬駐車場で開かれ、市民らが勝本湾を眺めながら朝食を楽しんだ。 朝市商店街の活性…

20229/12

庭園で偶然発見の「からわけ」 博物館講座で河合副館長が解説

一支国博物館の壱岐学講座が4日にあり、同館の河合恭典副館長が国津神社(郷ノ浦町渡良浦)で見つかった「かわらけ」(土師器)について話した。 …

ページ上部へ戻る