スポーツ

中田靖稀(霞翠6年)が全国出場決める 県小学生陸上コンバインドB優勝

 日清食品カップ第39回県小学生陸上競技交流大会が6月18日、諫早市のトランスコスモススタジアム長崎で開かれ、壱岐ジュニアランナーズから10人、霞翠陸上クラブから1人が出場。男子5・6年生コンバインドB(走り幅跳び・ジャベリックボール投げ)で霞翠陸上クラブの中田靖稀(しずき、霞翠6年)が2168点の大会新記録で優勝した。従来の記録は2022年石松啓(長崎ACJ)の2059点で、一気に59点も更新した。中田は9月17日に神奈川・日産スタジアムで開かれる全国大会に県代表として出場する。

関連記事

  1. トライアスロン合宿。筒城浜でスイム、ラン。
  2. 壱岐出身2選手が優勝目指す ソフトボール・豊永優
  3. 男子・盈科、女子・柳田 ミニバスケ県大会に出場
  4. 8年ぶり壱岐で開催 玄海酒造ゴルフ大会
  5. 壱岐署に新警備艇 最高速度40ノット
  6. 山川静子さんが受賞 食生活改善で感謝状
  7. 市民体育大会 球技種目に760人が参加
  8. 県中学総体 主な成績

おすすめ記事

  1. どれだけ勉強しているかが判断材料
  2. 協力隊員に名子さん、林さん ―海の資源回復担当―
  3. 司馬遼太郎の足跡たどる 一支国博物館がバスツアー

歴史・自然

PAGE TOP