© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20182/9

離島留学に陸上競技コースを。

壱岐の中学生アスリートが長崎本土や福岡の陸上強豪校に進学することになった。この時期に明らかになっているのは推薦入学で、一般入試で陸上強豪校を受験する生徒もおり、壱岐の中学陸上黄金世代の多くが「島外流出」となりそうだ。

才能のある子どもたちが、より才能を伸ばすことができる環境で競技生活を送りたいと考えるのは当然のこと。高校スポーツとなると専門性も求められるため、全国トップクラスを目指すにはその競技、種目に特化した高校を選ぶようになる。海星に進学した土谷一志さん、小畑翔大さんは甲子園出場という夢を叶え、いまは大学野球で活躍している。だが壱岐市民として、また島内マスコミとして、残念な気持ちがないわけではない。特待生として各種免除はあっても家庭の負担はやはり大きいし、何よりも15歳の子どもを送り出す親御さんはさぞ寂しいことだろう。

壱岐高校の東アジア歴史・中国語コースのように、壱岐商業高校に離島留学「陸上競技コース」を新設できないだろうか。壱岐高のこのコースは今春初めて定員以上の入学希望があり、ようやく軌道に乗ってきた。島外からの若者流入だけでなく、島内の生徒にとっても魅力的なコースになりつつある。

離島留学制度は県内5校が設置しているが、壱岐商はまだ導入していない。陸上競技コースを新設し、専門の著名な監督、コーチを招へいすれば島内外の中学トップアスリートが集結する可能性は十分にある。五島高校にもスポーツコース陸上部があり重複することになるが、福岡との交通の便を考えれば壱岐が優位であるし、中学生の陸上競技レベルは壱岐の方が高い。陸上に特化したコースならよりハイレベルな教育を施せる。1月の全国女子駅伝で本県は3位入賞を果たした。「陸上王国・長崎」を更に推し進めるため離島2校に「陸上コース」があっても構わないはず。市、高校、県でぜひ協議してもらいたい。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20191/18

新春マラソンに1817人出走。ハーフ男子は川谷勇貴さん優勝。

第33回壱岐の島新春マラソン大会(同実行委員会主催)が13日、芦辺・ふれあい広場を発着とする特設コースで開かれ、6部門33種目に延べ1817…

20191/18

壱岐の「本物」育成が必要。

年末年始は仕事以外は外出せずに、テレビを観る時間が多かった。動画のネット配信に押され気味だと言われているテレビだが、見応えのある番組もあった…

20191/18

こどもセンターの事業充実を。子育てサークル4団体が要望。

「子育ての島・壱岐」の充実に、保護者たちが立ち上がった。市内子育てサークルの「おひさま」「さくらんぼ」「たんぽぽの会」「笑(えみ)」の4団体…

20191/4

4月下旬リニューアルオープン。イルカパークを観光の目玉に。

昨年12月14日からリニューアル工事のため休園している壱岐イルカパーク(勝本町)が、GW前の4月下旬に営業を再開する。運営は壱岐パークマネジ…

20191/4

胸熱くした田中さんの疾走。

12月23日に京都市で行われた第30回全国高校女子駅伝に長崎県代表として初出場した長崎商業高校のキャプテンとして、芦辺中学出身の田中亜可梨さ…

ページ上部へ戻る