© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20176/2

『文様の美展』開幕。一支国博物館特別企画展

一支国博物館の第35回特別企画展「文様の美展~壱岐の紺屋と染型紙~」が5月26日に1階テーマ展示室で開幕した。7月9日まで、入場無料。
「紺屋」と呼ばれる藍染め職人が手作業で染める染物屋は、かつて各町に1軒程度は営業しており、壱岐でも郷ノ浦の目良新紺屋(現在の目良新光屋=酒販業)を中心に全盛期には島内に15軒程度があったとの資料が残っている。だが昭和初期には最後の1軒も閉店し、いまではその存在を知る人はほとんどいなくなっていることから、同館の河合恭典学芸員が、島内に残されている資料を探し当て、今回の展示を企画した。
河合学芸員は「最初は手探りだったが、壱岐には“紺屋町”という住所が残っているので、そこで聞き取り調査を行ったところ、目良新光屋に資料が残っていた。また市教委の倉庫の奥からは美術的価値が高い型紙78枚や、大量の家紋の型紙を発見した。これを見つけた時は鳥肌が立った」と話した。
展示は、市教委に保存されていた30点、本市の友好都市である朝来市から借りた7点など計40点の型紙や、家紋型紙104点、型紙で染色された当時の着物、他国との取引台帳などの資料を初めて公開した。
伊勢、京都などで製作されたと思われる型紙は、渋紙に繊細な彫刻を施したまさに芸術作品で、壱岐の紺屋の歴史だけでなく、染物文化の奥深さを垣間見ることができる。
同館では4日午後2時からに河合学芸員が講師を務める関連講座、24日午後2時から型紙づくりを体験できる「紋きり型つくり」(参加料100円)を開催する。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20189/21

島内で28年ぶりの日本酒造り。重家酒造「横山蔵」が稼働。

重家酒造(横山雄三社長)が有人国境離島法の雇用機会拡充事業を活用して石田町池田西触に建設した日本酒蔵「横山蔵」で14日、今年度の日本酒仕込み…

20189/21

どうなる壱岐空港滑走路。

壱岐市にとって近未来的な最大の問題は空路存続だ。ORCの後継機Q400型を支障なく運用するためには1500㍍滑走路が必要で、国、県に滑走路延…

20189/21

郷ノ浦図書館移転を協議。交通ビルを含めた再開発計画も。市議会一般質問

市議会定例会9月会議の一般質問が12、13日の2日間行われ、8議員が登壇した。鵜瀬和博議員は「図書館機能の充実について」のテーマで質問。老朽…

20189/14

「ようこそ、壱岐市へ」いきっこ留学生入市式

市教育委員会が本年度から始めた小中学生向け離島留学制度「いきっこ留学生」を利用し、市内の小中学校に2学期から留学した児童・生徒5人の入市式が…

20189/14

被災者の言葉に感動。

6日早朝に北海道を襲った最大震度7の大地震は、道内に大きな被害をもたらした。地震そのものによる被害も40人以上の死者が出るなど大きなものとな…

ページ上部へ戻る