地域情報

230人が6㌔コースを歩く 第16回原の辻ウォーク

NPO法人一支國研究会は4日、第16回原の辻ウォーク2023を原の辻遺跡周辺コースで開き、ベビーカーに乗った赤ちゃんから高齢者まで、230人の市民が悠久の歴史に触れながら6㌔のコースを歩いた。
うらふれ体操で体をほぐしてから原の辻ガイダンスをスタートし、安国寺、大塚山古墳、内海湾、一支国博物館、一支国王都復元公園を巡るコースで、途中5か所のチェックポイントでスタンプを押してもらい、設置された説明ボードで歴史を勉強しながら、各自のペースでゴールした。
完歩者には認定証が交付され、ゴール後には古代米赤飯、合鴨出汁の吸い物が振る舞われた。
スタート前に久保田良和教育長は「素晴らしいウォーキング日和となった。新型コロナは2月以降小中学生の感染は14日だけで、2月20日以降は1人確認されていない。徐々に日常を取り戻しつつある。心と体を健康にして歩いてきてください」と挨拶した。

関連記事

  1. 増元優友さん(勝本3年)が最優秀賞 第66回中学生弁論大会
  2. 吉本芸人4人が観光大使。福岡で壱岐を情報発信。
  3. 猿川伊豆「長崎街道プレミアム」 県特産品新作展で最優秀賞
  4. 乾杯グラス発売 壱岐酒造協同組合
  5. 高校卒業生に任命 スキ・スキ応援隊
  6. ツインズビーチ 海水浴場海開き
  7. 愛称「壱岐の島ホール」 命名権採用通知書を交付
  8. 双六古墳石室内を見学 全国国分寺サミット開催

おすすめ記事

  1. 玄海町が核のゴミ文献調査受け入れ 篠原市長「到底容認できない」
  2. 個人旅行客の相談窓口を
  3. 原の辻で洪水?車出は政治の拠点? 原の辻復元建物で歴史講座

歴史・自然

PAGE TOP