© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

201611/15

8組のカップルが成立 イキイキお結び大作戦

婚活イベント「第4回イキイキお結び大作戦」(同実行委員会主催)が5、6日の2日間、市内で開かれた。
昨年からイオングループの結婚相手紹介サービス業・株式会社ツヴァイが運営する「ミライカレッジ壱岐」の一環として実施しており、今年は9月18日に福岡市で「女性向け事前セミナー・ミライカレッジ壱岐カフェ」を開催し、食材など壱岐の魅力を宣伝。その参加者を中心に熊本、東京、埼玉、千葉などから女性15人が参加した。本市の独身男性も10月19日に結婚力をアップさせるための「ライフデザイン講座」を受講した17人がスタンバイし、男女でふれあい交流体験を行った。
ジェットフォイルが到着した芦辺港には男性陣に加え、白川博一市長も出迎えに立ち、女性陣を歓迎。移動のバスに乗り込み「壱岐に移住すれば幸せになれるはず。壱岐は何でもある素晴らしい実りの島。ぜひ良縁をつかんでください」とあいさつした。
交流体験は、壱岐の蔵酒造で減圧蒸留と常圧蒸溜の違いなど壱岐焼酎についての講義や仕込みを体験。宿泊先の国民宿舎壱岐島荘では、昨年のイベントで成婚した移住実践者による移住セミナーを実施。懇親会では壱岐の幸を堪能しながら夜更けまで語り合った。
2日目は、カップルで大浜ビーチ周辺の散策、貝殻を使ったガラスフォトフレームづくりなどを体験。最後のカップリングタイムでは、それぞれが2日間で興味を抱いた異性をカップリングシートに記入。マッチングの結果、8組のカップルが成立して、イベントは盛況に終了した。
女性陣が帰宅した直後には、男性陣を相手に講師が「直後セミナー」を実施。「2週間以内にもう一度必ず会うこと」など、交際の手法をアドバイスした。今月末にも再度講師を招へいして「フォローアップセミナー」を実施し、成立したカップルが成婚へ向けて進むようにアドバイスを続けていく。

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20185/18

ツマアカスズメバチ、新たに1個体捕獲。

九州地方環境事務所は11日、壱岐市内で8日に特定外来生物であるツマアカスズメバチ1個体を捕獲したと発表した。 市内では昨年9月に初めて…

20185/18

「ウエストリー」に見る地方創生。

「WESTORY」(ウエストリー)というブランドを聞いたことがあるだろうか。長崎県北部にある3つの老舗縫製工場が昨年10月に立ち上げた、メイ…

20185/18

日本初の無人機実証実験。国境監視、海難救助に期待。

米国の遠隔操縦航空機大手ジェネラル・アトミクス・エアロノーティカル・システムズ(以下、GA社)は10日、壱岐空港を拠点に無人機「ガーディアン…

20185/11

1年間の豊作を祈願。献穀田お田植え祭

県神社庁壱岐支部(榊原伸支部長)は4月30日、芦辺町箱崎大左右触の佐肆布都(さしふつ)神社神田で、献穀田お田植え祭を開き、約130人が参加し…

20185/11

フェイスブックの有効な活用を。

壱岐市役所のフェイスブックページが4月27日に開設された。「自治体や首長もSNSを利用して積極的に情報発信をすべきだ」との要望は、これまで市…

ページ上部へ戻る