© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20167/26

愛称「壱岐の島ホール」 命名権採用通知書を交付

市のネーミングライツ事業で「壱岐文化ホール」の命名権を獲得した壱岐の蔵酒造(原田知征社長)に対して、採用通知書交付式が6日、市役所郷ノ浦庁舎で行われ、白川博一市長が原田社長(41)に通知書を手渡した。
採用された愛称名は「壱岐の島ホール」で、使用期間は8月1日から平成33年7月31日までの5年間。命名権料は年額50万円。ネーミングライツ事業は県でも行っており、6月27日には諫早市の県立総合運動公園陸上競技場が、年額1050万円で3年間、「トランスコスモススタジアム長崎」となることが発表されている。
白川市長は「壱岐の蔵酒造からの応募と聞いて、最初は“壱岐の蔵焼酎ホール”になるのかとも思っていた。主力商品である“壱岐の島”の名前を使った壱岐の島ホールという愛称は、市民がすぐに馴染んでもらえそうだ。親しみのある素晴らしい命名をして頂いた」と感謝の言葉を述べた。
原田社長は「命名にはいろいろと悩んだが、単に会社を宣伝をするよりも、地域貢献の気持ちを重視して、市民にとって違和感のないネーミングにすることを決めた。これまで以上に市民に愛される施設にしていきたい」と企業の社会貢献(CSR)の精神を語った。
今回、ネーミングライツの申し込みがなかった大谷公園ソフトボール専用球場、石田スポーツセンターは再募集がされるが、原田社長は「ネーミングライツは市役所の若手職員が独自財源確保のために始めた制度であり、壱岐市でも面白いものが始まったと期待していた。文化ホールも最初は競争率が高いと思っていたら、応募はうちだけだった。他の2施設についても、もし再募集でも応募がなければ、もったいないので応募を考えたい」と更なる命名権獲得の可能性も示唆した。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20204/3

市長職務代理を中止

白川博一市長は1日、任期満了に伴う市長選挙のため5日から12日まで予定していた眞鍋陽晃副市長への市長職務の代理を取り止めることを発表した。本…

20204/3

記録的な大雨を観測。国道沿いの斜面が崩落。

3月26日から27日にかけて日本海上空にある前線を伴った低気圧に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、九州北部は大気の状態が不安定となり、3月…

20204/3

疫病退散の願いを。原の辻で鬼凧揚げ。

好天に恵まれた3連休中の3月21日、原の辻王都復元公園の上空に8枚の鬼凧が優雅に舞った。春休みの帰省客ら数組も、遠くから凧の姿を見つけ、見物…

20204/3

市長選候補が討論会。テレビ、ラジオで放送。

活性壱岐討論会実行委員会(米倉真吾実行委員長=市商工会青年部、JA壱岐市青年部、市観光連盟青年部で構成)は3日午後7時から壱岐の島ホール中ホ…

ページ上部へ戻る