© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20166/21

壱岐高卒業生の旅立ちが舞台 オロナミンC動画が公開

飲料大手の大塚製薬(本社・東京、樋口達夫社長)は5月24日から、動画投稿サイト「YOU TUBE」の公式チャンネルとオロナミンC特設サイトで、壱岐高校の生徒を主役にしたドキュメンタリームービー「メッセージボトルリレー~島からの旅立ち~」の配信を行っている。
この作品は、壱岐で生まれ育ち、進学のために島を離れることになった一人の高校生と、その家族と友人が感謝やエールを伝え合った18日間の記録。「大学で農業を勉強して、島に戻って早くお母さんを楽させたい」と毎日遅くまで農業を営む母親を助けるために、夢だった調理関係の学校から農業大学への進路変更を決めた大久保和真さん(18)が主役を務めた。
母親はそんな息子の優しさがうれしい反面、自分の本当の気持ちを抑えて我慢しているのではないかと心配しており、その思いは友人らも同じ。部活の仲間、家族、親戚、クラスメイトらが思いとプレゼントをオロナミンC の「特製メッセージボトル」に詰めて、所属していた陸上部の仲間がリレーで本人に届けるサプライズを演出する。
そしていよいよ旅立ちの日。みんなが見送りに来た港に汽笛が鳴り、七色のテープがゆっくりと切れる。和真さんは大きく手を振り「ありがとう」と応え、旅立って行く。卒業式の様子なども含めた別れの時期のドキュメントを、4分20秒にまとめた。撮影には同校放送部の5人のメンバーも協力した。
大塚製薬は「壱岐島には、島を離れる人を島民みんなで見送る習慣がある。万歳三唱のエールを贈ったり、ブラスバンドの演奏をバックに校歌を歌う。それは住む人の温かさ、壱岐で暮らした時間の濃密さを象徴する感動的な場面だ。オロナミンCは『元気ハツラツ!』をスローガンに掲げており、気持ちが空回りして落ち込んだり、寂しさを感じたりしている人たちに、家族・仲間との繋がりを思い出し、元気を届けたいという思いを込めてこの動画を制作した」と制作意図を説明した。

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20181/5

神社の数「世界一」。ギネスブックに申請。

「神社の密度、世界一」。壱岐島にキャッチフレーズが増えるかもしれない。市はこのほど、本市の新たな魅力発信を目的に、神社の数に関してギネスブッ…

20181/5

壱岐産品詰め合わせを発送。ふるさと商社は販売重点。

Iki‐Bizがアイデアを提供するのに対して、市ふるさと商社は商品開発にも協力するが、その重点を「掘り起こし」「ブランド化」「販売」に置いた…

20181/5

移住促進に意識改革を。

2018年の壱岐にとって最も重要な施策は「移住」だと思う。「働く場所の確保」「子育て環境の整備」ももちろん重要だが、仕事は特に必要がない年金…

20181/5

Iki‐Bizが壱岐を変える。新商品・サービスに成果。

2018年の本市の地方創生を大きく左右する役割を担っているのが、昨年8月にオープンした壱岐しごとサポートセンター「Iki‐Biz」(郷ノ浦町…

201712/29

壱岐署に門松寄贈。盈科小交通少年団

地域防犯リーダーの綿井信久さん(68)と盈科小学校交通少年団の9人が22日、壱岐署に手作りの門松1対を寄贈した。綿井さんは門松寄贈を15年以…

ページ上部へ戻る