地域情報

収穫に感謝 献穀田抜穂祭

抜穂祭(刈男、刈女が穂を刈り奉納) 県神社庁壱岐支部(村田徹郎支部長)は24日、芦辺町中野郷本村触の流八幡神社氏子、白川永利さんの斎田と本村触公民館で、献穀田抜穂祭を行った。
4月27日のお田植え祭で早乙女らにより植え付けられた早苗は、長雨と日照不足に遭いながらも順調に生育して、収穫の時期を迎えた。
この日も小雨がぱらつく天候となったが、神主が斎田清祓の儀を行い、刈男、刈女が穂を刈り、無事に稲穂の献納が行われた。公民館で行われた神事では、「豊年舞」の神楽が奉奏され、餅まきで収穫に感謝した。

抜穂祭(神事で豊年舞が披露された)

関連記事

  1. 「そうなんだ」「わかる」女性に好感持たれる金言
  2. 芦辺港高速船乗り場 4月1日からターミナル南へ
  3. 神社の数「世界一」。ギネスブックに申請。
  4. 地域を元気に明るく 沼津に竹の灯籠やさしく光る
  5. 6人が30年度活動成果報告。市地域おこし協力隊員
  6. 壱岐島移住ガイドブック発行。表紙応募作品はイオンで展示。
  7. 辰ノ島がランクダウン 海水浴場水質調査
  8. ひょうたん形土器を比較展示 一支国博物館常設展示室

おすすめ記事

  1. 自然農法のアイガモを放鳥 原の辻さなぶりの祭り
  2. 壱岐警察署で初イベント 白バイ試乗、音楽隊演奏
  3. 筒城浜の景観保全 筒城小児童らが除草

歴史・自然

PAGE TOP