地域情報

収穫に感謝 献穀田抜穂祭

抜穂祭(刈男、刈女が穂を刈り奉納) 県神社庁壱岐支部(村田徹郎支部長)は24日、芦辺町中野郷本村触の流八幡神社氏子、白川永利さんの斎田と本村触公民館で、献穀田抜穂祭を行った。
4月27日のお田植え祭で早乙女らにより植え付けられた早苗は、長雨と日照不足に遭いながらも順調に生育して、収穫の時期を迎えた。
この日も小雨がぱらつく天候となったが、神主が斎田清祓の儀を行い、刈男、刈女が穂を刈り、無事に稲穂の献納が行われた。公民館で行われた神事では、「豊年舞」の神楽が奉奏され、餅まきで収穫に感謝した。

抜穂祭(神事で豊年舞が披露された)

関連記事

  1. 離島航路の旅客は半減 九州運輸局が20年度実績発表
  2. 5競技に500人出場 第63回秋季市民体育大会
  3. 武生水が総合優勝 郷ノ浦町老人スポーツ
  4. 小中学生給食費無料化へ 来年度中の策定目指す
  5. 国内初の農業版マルチワーカー JAが特定地域づくり事業協組設立
  6. 航空路島民割引新運賃は壱岐~長崎片道4800円。
  7. 福原悠吾が6年百㍍優勝。県ジュニア陸上選手権。
  8. フェリー、JFを減便。経営ひっ迫の九州郵船。

おすすめ記事

  1. 坪触のトンネル工事現場見学 「土木の日」子どもら招待
  2. 海域のサンゴ礁を調査 「変化なく安定している」 国立環境 研究所など
  3. 日本初の無垢製材現し4階 見学会開く 睦モクヨンビル

歴史・自然

PAGE TOP