© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20165/31

社説・国境離島新法は市民提案が不可欠

来年度から施行される国境離島新法を本市がどのように活用するべきなのか、市民に意見を求めるチラシが各戸に配布された。配布を実施したのは同法制定を求めた期成会だが、その意見はすぐにまとめられて、市などに提出される。
「パブリックコメント」「政策提案」などと言葉にすると難しく感じ、一般市民が声を上げるのはためらいがちになり、「何を提案しても採用されるわけがない」と思う人もいるだろうが、そんなことはない。国境離島新法は新しい法律であり、どのような施策が国に採用されるのか、市や県ですら見当がつかない状況なのだ。市民生活に直結した情報、提案こそが生かされるかもしれない。
私も、Iターン経験者としていくつかの提案をしたい。人口減少対策としてUIターン者を増やす施策は、どの自治体も行っている。その中で壱岐市を選んでもらうためには、市としての本気度が問われる。「来たければどうぞ」という姿勢では誰も来てくれない。空き家の問題についてはこれまで何度も書いているが、それだけではない。例えば引っ越し費用を、転入する場合はすべて市が負担するという大胆な施策があってもいいはずだ。
私の場合は北海道からの転入だったが、家財道具すべてを送ろうと思ったら百万円規模の費用になるため、仕方がなく最低限の荷物だけを持ってきた。それでも数十万円の費用になったし、家の敷金・仲介料や購入した家電製品を加えると、やはり百万円を超える負担になった。
UIターンのために雇用の場が必要なのは確かだろうが、その創出は並大抵のことではできない。CCRCを見据えた場合、必ずしも正社員の仕事がなくても移住希望者はいる。年金とパート収入だけで老後を「実りの島・壱岐」で過ごしたいと思ってくれる人は必ずいるはずで、できるところからすぐに手をつけることが肝心だ。
「こんな案は白川市長には絶対考え付かない」という提案を、ぜひ市民から行ってもらいたい。

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20182/16

「美しい日本語の話し方」、劇団四季の俳優が授業。

本市で公演を行った劇団四季の俳優3人が5日、渡良小学校の4~6年生の児童38人を対象に「美しい日本語の話し方教室」を開いた。講師を務めたのは…

20182/16

もっと繋がる公衆無線LANを。

やや古いデータだが、観光庁が昨年2月に発表した訪日客への調査で、「旅行中に困ったこと」の1位は「施設などのスタッフのコミュニケーション」で3…

20182/16

原子力規制委と意見交換会。「住民は不安」、白川市長ら訴え。  玄海原発3号機16日燃料装填へ。

原子力規制委員会(NRA)の更田(ふけた)豊志委員長(工学者=原子炉安全工学、核燃料工学)と山中伸介委員(工学者=原子力工学、核燃料工学)が…

20182/9

「鬼は外、福は内」。一支国博物館で節分行事。

節分の3日、一支国博物館で「キッズDAY!レッツ節分」が開かれた。昨年に続いて2回目で、児童と保護者120人が参加した。 参加者は節分…

20182/9

一流芸術文化に触れる。劇団四季ミュージカル鑑賞。

劇団四季のファミリーミュージカル「嵐の中の子どもたち」の本公演が4日、市内小学生らを招待した同「こころの劇場」が5日、壱岐の島ホール大ホール…

ページ上部へ戻る