社説

台風の事前情報充実を。

台風19号が東日本を中心に甚大な被害をもたらした。台風の発生当時から被害を心配していた。インターネット上でも情報が多く掲載され、気象庁も事前に警戒を促したが、それでも被害は出てしまった。

1~2日間で年間雨量の3~4割という記録的な豪雨で、河川の氾濫、堤防決壊などの事態は防ぎようがなかったのかもしれないが、自衛隊などのヘリでの救出場面を見ていると、気象庁が事前に「降水量は1200人を超える犠牲者を出した狩野川台風(1958年)に匹敵する恐れがある」と警告していただけに、洪水ハザードマップの危険区域住民は早めの避難ができなかったものか、とも思った。

本市は台風の暴風・強風圏から外れていたが、11日夜から風が強くなり、12日午前2時24分には暴風警報が発令された。まるで台風の直撃を受けているような風の強さで、12日は航路もすべて運休になった。台風本体から離れている日本海側で、これほどの強風が吹いていることで、今回の台風19号の尋常ではない規模だと肌で感じた。

そのため11日深夜からずっとテレビで台風の様子を気にしていたのだが、民放は収録バラエティ番組の放送。NHKは1時間ごとに台風関連ニュースを10分間程度放送と他はL字型テロップで情報発信していたが、進路予測、昼間の映像、一部定点カメラの映像だけでは、この台風の恐ろしさを伝え切れなかったように思えた。マスコミも、以前のように海の側での危険な取材はやらなくなったし、働き方改革で深夜の取材も少なくなったのだろう。だが深夜であっても、すでに風雨が強烈な各地の映像があれば、危機感を高められたのではないか。

被害が明らかになった13日は、NHKも民放もヘリなどを駆使して、終日ニュースで伝えていた。もちろんそれも意味があることだが、防災のためには事前の情報がより効果を発揮するものだ。報道の在り方を考えさせられる台風19号でもあった。

関連記事

  1. 歴史を学ぶ、郷土学習の必要性
  2. 小学校統廃合は児童の気持ち優先で
  3. 社説・壱岐全体を考えた「地元愛」を
  4. 社説・新しい風と若さを求めた市民
  5. 混迷の市庁舎建設問題
  6. 社説・建て替え後の芦辺中跡地に物産館を
  7. スポーツ施設の整備を。
  8. 獅子奮迅に壱岐創生策を

おすすめ記事

  1. 坪触のトンネル工事現場見学 「土木の日」子どもら招待
  2. 海域のサンゴ礁を調査 「変化なく安定している」 国立環境 研究所など
  3. 日本初の無垢製材現し4階 見学会開く 睦モクヨンビル

歴史・自然

PAGE TOP