© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20165/19

「うに屋のあまごころ」オープン

 あまごころ本舗株式会社(鈴木利之代表)は1日、郷ノ浦町東触の「あまごころ壱場」2階に、うに料理専門店「うに屋のあまごころ」壱岐本店をオープンした。
 同社は昨年10月、JR東京駅のレストランエリア「キッチンストリート」に東京駅店をオープン。同店は気軽に壱岐や世界中のウニが味わえる店として、「キッチンストリートNO1の売り上げを誇っている」(村田妃富美会長)。
 創業の地である壱岐にオープンした本店は、東京駅店の人気メニューである「想い出のうにオムライス」「うに屋のうに丼」「うに屋のトマトクリームパスタ」などを引き継ぎながら、壱岐の食材を年中楽しめるオリジナルメニューの展開も考えている。
 村田会長は「地域活性化があまごころ壱場全体の大きなテーマ。まずは地元の人たちに、地元産だけでなくいろいろな種類のウニを味わって、東京で人気のウニ料理を堪能してもらいたい。食事でなくても、ケーキ&コーヒーセットを500円で提供しているので、喫茶室のように談笑する場としても活用してもらいたい。壱岐が元気になってくれることだけを考えて、この店をオープンさせました」と地域活性化に願いを込めた。
 ウニ料理の価格は東京駅店よりも安く設定されており、うにご飯・うに入り卵・うにトマトクリームソースという“うに三重奏”が人気のオムライスやパスタは1100円。うに丼はご飯(220円)にうに(チリ産10㌘270円、海外産=メキシコ・カナダなど=10㌘380円、国内産10㌘490円、壱岐産10㌘810円)から選んで好きなだけ乗せるシステムとなっている。
 店舗は56席(個室6室)。営業時間は午前9時から午後5時半。年中無休。47‐4580。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20181/5

神社の数「世界一」。ギネスブックに申請。

「神社の密度、世界一」。壱岐島にキャッチフレーズが増えるかもしれない。市はこのほど、本市の新たな魅力発信を目的に、神社の数に関してギネスブッ…

20181/5

壱岐産品詰め合わせを発送。ふるさと商社は販売重点。

Iki‐Bizがアイデアを提供するのに対して、市ふるさと商社は商品開発にも協力するが、その重点を「掘り起こし」「ブランド化」「販売」に置いた…

20181/5

移住促進に意識改革を。

2018年の壱岐にとって最も重要な施策は「移住」だと思う。「働く場所の確保」「子育て環境の整備」ももちろん重要だが、仕事は特に必要がない年金…

20181/5

Iki‐Bizが壱岐を変える。新商品・サービスに成果。

2018年の本市の地方創生を大きく左右する役割を担っているのが、昨年8月にオープンした壱岐しごとサポートセンター「Iki‐Biz」(郷ノ浦町…

201712/29

壱岐署に門松寄贈。盈科小交通少年団

地域防犯リーダーの綿井信久さん(68)と盈科小学校交通少年団の9人が22日、壱岐署に手作りの門松1対を寄贈した。綿井さんは門松寄贈を15年以…

ページ上部へ戻る