© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20165/19

「うに屋のあまごころ」オープン

 あまごころ本舗株式会社(鈴木利之代表)は1日、郷ノ浦町東触の「あまごころ壱場」2階に、うに料理専門店「うに屋のあまごころ」壱岐本店をオープンした。
 同社は昨年10月、JR東京駅のレストランエリア「キッチンストリート」に東京駅店をオープン。同店は気軽に壱岐や世界中のウニが味わえる店として、「キッチンストリートNO1の売り上げを誇っている」(村田妃富美会長)。
 創業の地である壱岐にオープンした本店は、東京駅店の人気メニューである「想い出のうにオムライス」「うに屋のうに丼」「うに屋のトマトクリームパスタ」などを引き継ぎながら、壱岐の食材を年中楽しめるオリジナルメニューの展開も考えている。
 村田会長は「地域活性化があまごころ壱場全体の大きなテーマ。まずは地元の人たちに、地元産だけでなくいろいろな種類のウニを味わって、東京で人気のウニ料理を堪能してもらいたい。食事でなくても、ケーキ&コーヒーセットを500円で提供しているので、喫茶室のように談笑する場としても活用してもらいたい。壱岐が元気になってくれることだけを考えて、この店をオープンさせました」と地域活性化に願いを込めた。
 ウニ料理の価格は東京駅店よりも安く設定されており、うにご飯・うに入り卵・うにトマトクリームソースという“うに三重奏”が人気のオムライスやパスタは1100円。うに丼はご飯(220円)にうに(チリ産10㌘270円、海外産=メキシコ・カナダなど=10㌘380円、国内産10㌘490円、壱岐産10㌘810円)から選んで好きなだけ乗せるシステムとなっている。
 店舗は56席(個室6室)。営業時間は午前9時から午後5時半。年中無休。47‐4580。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

201811/9

満席の会場は爆笑の渦。三遊亭歌之介独演会

一支国博物館の特別企画展「しまごと芸術祭2018」の一環で1日、落語公演「三遊亭歌之介独演会」が3階多目的ホールで開かれ、180席が満席とな…

201811/9

障害者週間を前に考えること。

12月3~9日までの1週間は「障害者週間」に指定されている。国民の間に広く障害者の福祉についての関心と理解を深めるとともに、障害者が社会、経…

201811/9

中原康壽副市長が辞任。異常事態続く壱岐市、久間総務部長は長期休暇。

壱岐市は2日、中原康壽副市長(67)が10月31日付けで辞任したことを発表した。白川博一市長が非公開の市議会全員協議会で市議に報告した。辞職…

201811/2

現役五輪選手が指導。高瀬慧さんが陸上教室。

壱岐アスリートクラブ(黒木泰幸代表)は10月27日、イオン横芝生広場で、子どもたちを対象に無料陸上教室「壱岐にオリンピアンがやってきた!」を…

201811/2

説明責任を果たすことが重要。

早いもので今年も11月を迎えた。少し気が早いが、今年1年間の政治を振り返ってみると「モリカケ問題」に終始していた印象がある。新内閣が発足して…

ページ上部へ戻る